これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした

税金を払いたくない、あるいは納税額を少なくしたいとの理由で利益を圧縮することは現実にはよくあることだと思います。
実際に多くの企業がこのような対応をしていると思います。
中には税金を払いたくないから、本当は黒字だけど赤字にしたと言われる会社の社長もいらっしゃいます。
ところでこの「税金を払いたくないから赤字にしたのであって、本当はちゃんと黒字ですから」という説明を銀行はどのように受け止めていると思いますか?
説明のように税金対策で赤字決算にしただけであって、本当は黒字だから融資の返済は大丈夫だし、追加の融資も検討出来ると銀行は考えるのでしょうか?

答えは「赤字だから注意をした方が良い」と銀行は考えます。
なぜなら本当に税金対策でわざと赤字にしたのか、それともそもそも赤字だったのか、銀行には本当のところはわかりません。
あくまでも決算書の数字が正しいものとして銀行は融資判断をします。
税金対策が原因で赤字にしたとかは関係ありません。
時々決算の前に電話などで税金を払いたくないから赤字にしますと言われる社長がいらっしゃいますが、銀行は「そうですか」とせいぜい言うだけで、そのことを了解することはありません。

税金を払いたくないから利益を少なくする、赤字にするということは自由ですが、今後とも銀行から融資を受けることを予定しているのであれば、過度な税金対策は将来禍根を残す可能性があることを注意してください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト