カードローンを事業資金に使うとバレるのか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>カードローンを事業資金に使うとバレるのか?

個人向けのカードローンの資金使途については「使途自由、但し事業性は除く」という注意書きがよくあります。
個人向けのカードローンはあくまでも資金使途が消費性、例えば旅行資金とか生活費など個人の資金需要を目的に作られている銀行の融資商品ですから「事業性は除く」というのは自然なことです。
もっとも事業を行なっている個人の方が仕入資金などの事業性の用途にカードローンを使用した場合、それが銀行にバレてしまうかどうかですが、現実的にはバレることはありません。
なぜなら物理的に事業性に利用したのか、それともきちんと消費性に利用したのかを銀行は把握・確認することは不可能だからです。
カードローンの利用者は数え切れいない数にのぼります。
その一人一人がカードローンを事業性を利用していないかどうかを確認することなどとても出来ません。
またカードローンはATMから現金を引き出す形態をとることが多いと思いますが、その現金を何に使ったのかを確認することなど到底出来ません。



もっとも事業資金が必要なのであればそれはカードローンではなく面倒でも通常の銀行融資にて対応した方が個人の方にとっても健全です。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。