返済猶予中に繰上返済すると銀行の印象が悪くなりますか?


ホーム返済条件変更(リスケ)>返済猶予中に繰上返済すると銀行の印象が悪くなりますか?

業績が悪化し資金繰りが回らなくなり銀行融資の返済猶予を受けた。
その後、業績が回復してきたので返済猶予のをしてくれた銀行には申し訳ないが借入金を繰上返済したい。
このことによって銀行は「せっかく猶予を認めたのに自分勝手に繰上返済するとは何だ」などと銀行の心象が悪くなり今後の銀行取引に悪影響を及ぼすのではないか。
今回のテーマはこれです。

結論から言って悪い影響を与えることなど全くありません。
むしろ銀行としては歓迎です。
銀行の融資実務において返済猶予をしている融資債権はいわゆる「不良債権」として銀行としては通常よりも多い貸倒引当金を計上する必要があり、銀行の業績上において重い負担となっています。
繰上返済をするということはその不良債権が減少し貸倒引当金を計上する必要がなくなりますから銀行の業績上はプラスの効果をもたらすのです。

返済猶予中は現実問題として銀行から新規の融資を受けることは出来ません。
繰上返済をすることで以前のような銀行との正常取引に戻る時期が早まりますから、融資を受けている利用者側としてもプラスに働きます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト