収支計画は自分の目でも検証を


ホーム設備資金に関すること>収支計画は自分の目でも検証を

設備投資資金を銀行から融資を受けることは多々あると思います。
設備資金融資の審査においては銀行は設備投資効果および返済能力を検証するために収支計画(収益返済計画)の提出を求めます。
そしてその計画に不明点等があれば質問をします。
質問の相手はもちろん融資を受ける予定のお客様です。

以前このようなことがありました。
古くなった本社屋を中高層のビルとして建て替え、低層部は本社事務所として利用し中上層部は賃貸マンションとして活用する計画でした。
この融資の検討資料としてその会社の社長に収支計画の提出を求めたところ、「それは建設会社の人が作っているから内容は建設会社に聞いてほしい」との回答でした。
本社屋の建て替え案件で建設会社が受注を目指して様々な営業活動を行ってきたことは当然予想されます。
収支計画をその建設会社が検討して作成することも受注に向けた営業活動の1つとして当然考えられることです。
銀行も建設会社が収支計画を検討・作成していること自体は問題視していません。

ただ融資を借りてそれを今後返済していくのは本社屋を建て替える会社です。
りっぱな本社屋に建て替えたものの返済出来るかどうかは当然この会社が主体的に考えることです。
ところがこの会社の社長からは建設会社が作っているから自分はよくわからない、詳しいことは建設会社に聞いてくれということは借りる側の姿勢が全然出来ていないと銀行は考えます。
返せるのどうか、普通なら気になるところだと思いませんか。
こういう体質の会社を銀行は嫌います。

第三者に収支計画を作成してもらうこと自体は問題はありません。
しかし返済義務を負っているのは債務者です。
債務者自身が第三者が作成した収支計画を読み込み、これなら返済出来るといった腹落としをしっかりとしてください。
返済出来るかどうかは融資判断のもっとも重要な部分です。
この部分が他人任せでよくわからないということでは銀行としては話にならないのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト