取引振がないと融資に応じない

投稿日:

銀行における取引振の重要性

銀行が行う融資業務はもちろん取引先の資金面の支援を行い、取引先の事業発展や維持に貢献するという大きな意義があります。
銀行に期待されている社会的な使命とも言えるかもしれません。
銀行にとって融資業務は大黒柱の業務といっても過言ではないでしょう。
ただ融資業務が大黒柱の業務であることは確かだとしても、銀行には預金や振込、外為などその他の業務もたくさん取り扱っています。
銀行しては融資以外の預金などの取引もぜひ獲得したいところです。
銀行も収益を確保しなければなりませんが、その収益源は融資以外に預金取りや振込取引などいわゆる取引振も大きな要素です。
昨今ではみなさんもご存知のとおり、低金利の影響で融資業務での採算確保が非常に難し くなっています。
そのため採算確保の観点からもこの取引振の確保の重要性が高まっています。

取引振がなければ今までのような融資支援は出来ない

さて、取引振が充実している取引先は決して多いとは言えないのが銀行の実態です。
これは今までの過度な融資競争が招いた結果かもしれません。
融資シェアは主力行の位置付けであるが、預金や振込などは他の銀行を利用されているケースも少なくないのです。
改善を取引先にお願いしても、昔から使っているから変えるのが面倒くさいなどの理由で すんなりとは進まないのがほとんどです。
今までは銀行はその時点で取引振の交渉を断念していたかもしれません。
しかし今では異なる動きが出ています。
それは極端に言えば「取引振が確保出来なければ今までのような条件での融資は出来ない」という対応の変化です。
銀行の収益環境が悪化しており融資業務だけで採算を確保することが非常に困難になっています。
融資業務だけで採算を確保しようとすれば理論的にはかなりの高金利の適用が必要となってきます。
しかしこれは他の銀行との競争もありますから非現実的でしょう。

ただ採算が赤字、あるいは低い採算性をそのまま放置することは難しくなってきています。
銀行も所詮は民間企業ですから収益を追い求めています。
採算が取れない、あるいは低いということであればその部門を見直すことは一般社会においても通常に行われていることでしょう。
銀行も例外ではありません。
採算が取れないあるいは低い先との取引を見直すということも十分にあるのです。
実際に採算が取れないために今までのような融資を見送るといった対応も見受けられます。
融資シェアに応じた取引振の分散は銀行との安定した取引関係を求めるのであれば、とても重要な事柄です。
銀行も少なくとも融資シェアに応じて取引振確保を目指しています。



-銀行とのつきあい方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.