銀行融資審査マニュアル6 銀行融資審査と従業員

更新日:

ホーム銀行融資審査マニュアル>銀行融資審査マニュアル6 銀行融資審査と従業員

銀行融資審査と従業員

銀行融資の審査において従業員に関してはつぎのような観点から分析を行っています。

1.従業員の平均年齢、定着率

企業の経営においては従業員の年齢構成はバランスが取れていることがベストです。
高齢者ばかりではないか、逆に入社後間もない社員ばかりではないかという点を銀行は見ているのです。
平均年齢が高齢化している場合には、次の世代を担う社員をどのように育成・確保しているかに注意をしています。

また従業員の定着率も銀行は重視しています。
定着率が悪いと企業内部に何か問題があるのではないかと疑問を抱いてしまいます。
また経理担当の部長とか課長とか、企業の資金繰りを熟知している従業員が退職することには銀行は特に神経をとがらせています。

2.労使関係

労使関係が円滑かどうかということです。
円滑でなければ企業の経営にマイナスの影響を与えることは自明の理です。

3.訪問して確認

実際に銀行員が企業を訪問して従業員の態度や社内の雰囲気を確認します。
すれ違っても挨拶もしない従業員もいれば、道をよけて丁寧に挨拶をしていただける従業員もいらっしゃいます。
従業員の態度を通して企業の経営状態が透けて見えるのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資審査マニュアル
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.