銀行融資審査マニュアル12 実質利益の把握

ホーム銀行融資審査マニュアル>銀行融資審査マニュアル12 実質利益の把握

実質利益の把握

銀行融資の審査において融資先の業績は当然ながら利益が黒字であるほうが良いに決まっています。
利益が黒字であるか赤字であるかは損益計算書を見ればわかるのですが、銀行融資の審査マンは損益計算書の表面的な数字を鵜呑みにしていません。
実質的にこの企業は黒字なのか赤字なのかを見ているのです。

本来は黒字なのか赤字なのか





例えば営業利益や経常利益は赤字であっても、不動産資産を売却することで売却益を特別利益に計上することにより最終利益は黒字になる場合があります。
また以前から積み立ててきた保険金を解約することで特別利益を確保し最終利益を黒字に出来る場合もあります。
さらに、本来は行わなければならない固定資産の減価償却を見送ることにより、費用に減価償却費を計上しないことで利益を黒字にする場合もあります。

最終利益がどれだけ黒字であっても、不動産の売却益や保険金の解約に伴う利益は本業とは直接には関係のない利益です。
銀行融資の審査においては本業の利益は黒字なのか、赤字なのかを見ています。
したがって不動産の売却に伴う利益など、その期だけの利益、つまり一過性の利益は控除して利益を再計算する必要があります。

また本来行わなければならない減価償却を加味すれば、本来は赤字なのではないかということも見ています。

最終利益がどれだけ黒字であっても、本来の利益、本業の利益が赤字であれば銀行融資の審査は厳しいものとなります。
表面的な数字ではなく実質的な利益水準で銀行融資の審査は行われているのです。
したがって決算対策で利益を黒字にするのではなく、いかに本業で黒字を確保できるのかが重要なのです。
これは銀行融資の審査対策だけではなく、事業の成長そのものにとってとても大切なことです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%