父が生きている限り信用保証協会の保証は利用出来ないのでしょうか?

更新日:

ホーム信用保証協会保証付融資その他全般>父が生きている限り信用保証協会の保証は利用出来ないのでしょうか?

質問
飲食店を経営しているものです。
今回店舗拡張の為、市の小口制度資金の借入を申請しましたが、保証協会の審査で父が以前に会社の債務の個人保証をし、その債務がいまだ未収と言う理由で断られました。
私は父が生きている限りこの制度を利用し、事業拡張で借入も出来ないのでしょうか?

回答
ご質問者が信用保証協会に求償債務を負っている父の法定相続人であることが保証を受けられない理由だと思われます。
しかしそもそもその理由はおかしいのです。

信用保証協会では保証を受けられないケースを定めています。
そのケースに当てはめて考えた場合、ご質問者自身が信用保証協会に求償債務を負っている、あるいは完全に支払ってから日が浅い場合にはご質問者が新たに信用保証協会の保証を受けることは出来ません。
しかし今回の場合はそうではありません。

あくまで求償債務を負っている父の法定相続人だから保証を渋っているのが本当のところだと思います。

管理人の実務経験から同じようなケースがあります。
この場合には、保証を受けることが出来ました。
このケースはやはり父が信用保証協会に求償債務を負っていて、その父はまだ事業を続けています。
そしてその息子はその父と一緒に働いていたのですが、完全に独立して事業を新たに開始しました。
しかし当初信用保証協会の保証を受けることは出来ませんでした。

その後1年ほど経過してから、
・父は息子の事業にはまったく関与していないこと
・父とは生計を別にしていること
などから新規の保証が認められています。

ご質問の場合、父があなたの事業に関与していれば、実質父の事業だとみなされてしまい、信用保証協会の保証は当面受けられないものと考えられます。
逆に父は完全にあなたの事業に関与していないのであれば、「父とは関係ない」ことを丁寧に説明することで信用保証協会側の理解が得られる可能性があります。

諦める必要はないと考えます。



-信用保証協会保証付融資Q&A
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.