抵当権の抹消について

ホーム銀行融資の担保・保証人に関すること>抵当権の抹消について

質問
住宅ローンを組んでいる銀行に事業資金で新たな借り入れをしました。
その事業資金用として住宅ローンの抵当権のあとに追加で抵当権をつけました。
そして先日事業資金はすべて完済しました。
住宅ローンはまだ残っています。

銀行に事業資金は完済したので、事業資金の借入時に設定された抵当権を抹消するよう依頼をしましたが、担当者は「はずす」と口では言うものの、なかなか抹消してくれません。
住宅ローンがまだ残っているから抹消してくれないのでしょうか?





回答
第一順位で住宅ローン用の抵当権、第二順位で事業資金用の抵当権を設定されたものだと思います。
2つの抵当権はそれぞれ住宅ローン用と事業資金用のもので、それぞれ別個のもので両者の間に担保としての関連性はありません。

したがって住宅ローンが残っていても事業資金を完済されたのであれば、事業資金用に設定された抵当権は抹消することが出来ます。
銀行の担当者が口では「はずす」と言っているものの、なかなか動かないのは単に「面倒くさい」というのが大きな理由だと思います。

繰り返しその担当者に抹消するよう主張してください。
なお事業資金を完済している状態ではその抵当権はすでに担保としての効力はなく、住宅ローン用の担保としても流用することは出来ません。
この点はご安心ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%