銀行融資の基礎 信用格付制度

更新日:

ホーム銀行融資の基礎>銀行融資の基礎 信用格付制度

銀行融資を借入するにあたっては信用格付制度は避けて通れません。
信用格付制度というのは簡単に説明すれば銀行が融資先に付与するランクです。

決算書による財務分析を中心にその分析結果に基づいた倒産確率や融資先が属する業界環境などを考慮して、最終的に融資先に対するランク、つまり信用格付を決定しているのです。

信用格付により銀行は融資先に対する基本方針を決定しています。
例えば積極的に融資を提案するのか、それとも追加融資は見合わせ、もっぱら融資の回収方針とするのかなどです。

また信用格付により融資先に対するおよその融資限度額や融資利率も決めています。
このように信用格付は銀行が融資先に対する方針や融資条件を決める最も重要な指標なのです。

したがって銀行融資を借入する会社はいかに銀行の信用格付を高くするかが大切なことになります。
銀行がどのように信用格付を行っているかは外部の会社からはわかりません。
しかし信用格付を決めるもっとも大きな要素はその会社の決算内容です。

決算書の良し悪しが銀行の信用格付を決めているといっても過言ではありません。
高い信用格付が取れれば、だまっていても銀行側から融資の提案がきます。
また利率などの融資条件も有利な交渉をすることができます。



-銀行融資の基礎
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.