信用保証協会保証付融資入門 資金使途

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会保証付融資入門 資金使途

信用保証協会の保証付融資はどんな資金使途にも使えるわけではありません。
信用保証協会の保証付融資は事業に必要な運転資金と設備資金に限って融資を受けることが出来ます。
運転資金と設備資金、この2つの使途だけ信用保証協会は保証を行い、銀行融資は受けられることになります。

例えば個人のための生活資金や住宅取得資金を信用保証協会の保証付融資で借入することは出来ません。
また株式投資などの投資資金も信用保証協会を利用することは出来ません。

さらに信用保証協会の保証付融資で既に借入している借金を借換え(返済)することも認められていません。
あくまでも事業経営に直接関わりのある運転資金と設備資金に限定されるです。





それでは運転資金として信用保証協会の保証付融資を受け、実際には個人の住宅取得資金に流用した場合はどうなるのでしょうか?
運転資金というのは仕入資金や人件費、経費などいろいろな使途があり、使途を厳格に捕捉するのが困難です。
ですから運転資金として借入した信用保証協会の保証付融資を実際には住宅取得資金に流用しても、すぐには融資を行った銀行や信用保証協会にはわかりません。

しかしその後の決算書を銀行員や信用保証協会が見れば、実際には運転資金ではなく、住宅取得資金に流用されたことはわかります。
使途違反が発覚した場合、これは一種の契約違反ですから期限前の一括返済を求められたり、以降の新規融資は受けられなくなるなどのペナルティが待っています。

また運転資金を住宅取得などの本業外に流用すれば、借入した会社や個人事業主の資金繰りを圧迫することになります。

使途違反は現に謹んで下さい。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%