取引先の信用格付は定量要因と定性要因で決まる

投稿日:

ホーム銀行融資の基礎>取引先の信用格付は定量要因と定性要因で決まる

銀行は融資先については必ず信用格付を定めています。
信用格付とは簡単に言えば融資先についての銀行が定めた通信簿です。
信用格付に基づいて取引先毎の融資方針の原則が決められており、基準となる適用利率も決まります。
したがって取引先としては銀行の信用格付を高めることにより、より融資が受けやすくなったり、より低利率など良い条件で取引が出来ることになります。

では信用格付を銀行はどのようにして決めていると思いますか?
信用格付は「定量要因」と「定性要因」の2つの要素で決めています。
まず「定量要因」。

これは要するに決算書の財務分析です。
自己資本比率、流動比率、売上高借入金比率などさまざまな財務指標に基づいて定量化しています。
銀行員が電卓をはじいて計算するのではなく、決算書の数字をコンピュータに登録することで自動的にさまざまな財務指標が計算され、同時に定量要因に基づく信用格付(これを財務格付とも言います)のたたき台が決まります。
このたたき台に、資産の含み損益などを加味して最終的な定量要因に基づく信用格付が決まります。
ここの財務格付の分野には銀行員の手が入る余地はほとんどありません。

つぎに「定性要因」。
これは取引先の属する業界環境、市場性、経営者の資質など数字では表せない要因のことです。
この定性要因の部分は誰が決めるのかと言えば、それは担当者です。
定性要因の判断は取引先のことを一番よくわかっている銀行員が行うのが理にかなっており、日頃から取引先に接している担当者が一番よくわかっているからです。
定量要因に基づく信用格付(財務格付)をベースにして、定性要因の判断に基づきランクを上げたり、下げたりしています。
このように定性要因を加味して最終的な取引先の信用格付が決定されるわけです。

日頃から担当者と接して会社を売り込んでおくことも信用格付を高める1つのテクニックと言えるかもしれません。



-銀行融資の基礎
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.