連帯保証人の脱退には利害関係人の同意が必要です

ホーム銀行融資と保証人>連帯保証人の脱退には利害関係人の同意が必要です

連帯保証人から脱退するにはまずは債権者(銀行など)の同意が必要ですが、債権者の同意だけでは連帯保証人から脱退することは出来ません。
債権者のほかに利害関係人の同意が必要です。
利害関係人とは他の連帯保証人や担保提供者の人たちです。





ある連帯保証人が脱退するとなると、脱退しない他の連帯保証人や担保提供者にとっては将来の負担が大きくなり不利益を被ることにつながります。
したがって銀行の実務においては連帯保証人の脱退を認めるに当たり、他の利害関係人の同意を求めます。
利害関係人の同意を求めないまま、銀行が連帯保証人の解除に応じた場合、利害関係人から損害賠償請求等のリスクを受けることにつながります。
このリスクを避けるために銀行は利害関係人からの同意を求めるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%