会社社長の自己破産

投稿日:

ホーム銀行融資と経営者の関係>会社社長の自己破産

◆質問

友人が会社の社長をしています。
会社には問題はないようですが個人的な借金の問題で友人が自己破産を申し立てると言っています。
会社については従業員の生活もありそのまま事業を続けると言っています。
このようなことが実際、可能なのでしょうか?

◆回答

会社と個人とは別ですから会社の社長が自己破産をしても、会社自身の存続は理論的には可能だと思います。
しかし中小企業の場合には会社=社長と言える面が多々あります。
会社が事業を行っていく上では販売先や仕入先、銀行などいろいろな関係者が不可欠ですが、社長自身の自己破産を知った場合に、例えば仕入先が従来通りの条件で取引をしてくれるかどうかは、現実として問題になってくるはずです。

一例をあげれば今まで掛けで商品を仕入できたが、その条件が厳しくなり前払いでないと商品が仕入できないといった事態です。
また銀行は社長が自己破産している会社に新規の融資は事実上回避します。
このようにさまざまな障害が出てきますから、それを克服できるかどうかが会社存続の問題点となってくると思います。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資と経営者の関係
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.