銀行融資の基本

どの銀行に融資を相談すべきか

銀行などの金融機関に融資の相談をされたい場合に、どの銀行に相談したらよいのか悩むことはないでしょうか?
銀行だからどこでも良いと言えばその通りなのですが、相談する銀行をどちらにするかによって融資の成否が分かれることが意外にあるのです。
今回のそのようなテーマでご案内します。

まったく初めて融資を相談する場合

どの銀行に相談すべきかはケースによって異なってきます。
最初はまったく初めて銀行から融資を受けようとする場合です。
創業しようとしている、創業して間もない時期、あるいは創業後数年以降の一定の時間が経過しているが資金が必要になり始めて銀行から融資を受けようとする場合には原則として会社から近い銀行に相談するようにしましょう。
離れた会社から融資の相談を受けた場合、銀行は「どうしてうちに来たんだろう」と不思議に思います。
銀行というところは融資は中心業務の1つではあるのですが、一方で融資は与信行為、つまり貸倒れのリスクを背負っていますから、解せない融資案件はなかなか通そうとはしません。
その解せない要因の一つに離れたところの会社から融資の相談を受ける場合です。
普通は事務所から近い銀行に相談するのが自然ですよね。
それをわざわざ離れた銀行に相談するというのはやはり「何かあるのか」「他の銀行に断られたからうちに相談に来たのか」などと疑問を感じてしまうのです。
近い場所であればそのような疑問を銀行が抱くことはありません。
ただ離れた場所の銀行でも不自然に感じないケースもあります。
それは個人的に使っている銀行の場合です。
このケースでは「個人でお世話になっているので会社の融資の相談をしに来た」と言えば、それはある意味、自然なことですから銀行に疑問を抱かせることはありません。

あとは銀行の規模です。
いわゆるメガバンクの場合には大企業や中堅企業クラスの会社に視線が向いています。
少なくとも年商が億単位でないと、正直親身になって相談に乗ってもらえる可能性は低いと言えます。
年商が数千万円以下であれば信用金庫などの地元の金融機関にまずは相談されるのが正解だと考えます。

すでに複数の銀行と取引がある場合

次は複数の銀行とすでに取引がある場合、新しい融資をどの取引銀行に相談するかです。
業績が好調である時は、どの取引銀行でもOKです。
基本的に銀行は業績が好調な会社には融資を前向きにやりたいと考えていますから、どの取引銀行に相談にいっても正解だと思います。

業績が悪い時

一方で業績が悪い時には、相談をしにいく取引銀行は次の2つがおすすめです。
最初はいわゆるメイン銀行です。
メイン銀行というのは他の取引銀行に比べて会社を最後まで可能な限り支える役割を担っています。
業績が悪いとどうしても銀行は融資に消極的になります。
メイン銀行以外の取引銀行はそれだけその会社を支える意識が低いとも言えます。
その点、メイン銀行は業績の良し悪しに関わらず会社を支える意識が高いです。

メイン銀行以外で次の候補になるのは日頃から売上の入金先として利用している取引銀行です。
売上の入金先に指定している銀行の場合には、そうではない銀行に比べておのずと預金残高水準が高いはずです。
相応の預金残高水準があると担保ではないにせよ、銀行は預金残高を融資の拠り所として判断しやすくなるのです。
そういった意味では売上の入金先として利用していない取引銀行であっても、定期預金をしているところがあればその銀行も相談の候補先になります。

ココがポイント

業績が悪い場合、相談にいく取引銀行としては1にはメイン銀行、その次には預金残高が多い取引銀行となります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.