赤字企業からの電話での融資相談

ホーム中小企業社長との面談日誌>赤字企業からの電話での融資相談

3か月ほどまえに数千万円の融資を行った中小企業の社長から、先日再び融資の相談を電話で受けました。
前期の決算は大幅な赤字決算で債務超過が拡大している状態です。
「いろいろと前向きな話が出てきている。そのために資金が必要」とのこと。
このような銀行融資の申し込み方はだめです。

前期の大幅赤字決算を受けて今期はどうやって黒字化を目指していくのか、前向きな話とは具体的に何なのかなど銀行が融資を前向きに検討する材料の提示が必要です。
そのような具体的な材料がないまま、融資の相談を行っても銀行の担当者は困ってしまいます。
上司に相談しても上司から、「3か月前に数千万円の融資を行っているのにもう資金がなくなったということは赤字が拡大しているのではないか。そのような状態で追加の融資を行っても返せる見込みはあるのか」など否定的な反応を受けるだけです。





今期の業績はどのような状態なのか、今後の事業計画はどうなのか、それを受けて今期の決算見込みはどうなのか、などをきちんと銀行に説明することが必要です。
そうでないと銀行担当者は融資の起案すら出来ません。

電話一本で融資の相談が受けられる状態ではありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%