融資返済条件の変更交渉のポイントその1

ホーム返済条件変更(リスケ)>融資返済条件の変更交渉のポイントその1

銀行からの融資借入の約定どおりの返済が困難となった場合、そのままにしておくと延滞となり、最悪は法的措置に受けることになります。
こうなれば、会社であっても個人であっても最悪破綻に至ってしまいます。

そうなる前に、約定どおりの返済が困難となった場合は躊躇することなく借入先の銀行などに条件変更の相談に行くべきです。

最初に申し上げておきますが、銀行などに返済条件の変更を相談することを遠慮しないでください。
遠慮したり躊躇する必要はまったくありません。

私も数え切れない人の相談事に今でも乗っていますが、相談する人は前向きな気持ちをもっている人が多いので、その後立ち直っていく人が多いです。
逆に相談できずにいる人はその後不幸な道を歩んでいく人が多いように思います。

銀行に返済条件の変更を相談する場合にはいくつかのポイントがあります。
それは何回かにわけて順次お示ししていきます。

まず最初ですが、銀行に返済条件の変更や見直しの相談にいく場合には、まず変更を相談せざるを得なくなった理由を明らかにしてください。
これがまず最初に銀行に伝えるべきことです。

理由はいろいろあると思います。
会社であれば、
・売上不振で資金繰りがタイトになった
・利益率が悪化し資金繰りがタイトになった
・過去の投資負担が重く、資金繰りがタイトになった
などなど。





個人の場合であれば
・給与やボーナスが低下し、返済が困難となった
・勤務先の会社が倒産した
・親族の医療費に多額の出費が必要で、ローンの返済まで十
分にお金が回せなくなった
などなど。

理由はいろいろあると思います。

その理由を返済条件変更の相談ではまず最初に伝えてください。
これが出発点になります。
やむを得ない事情や一般的に考えて合理的な理由であれば、銀行は必ず相談にのります。

逆にギャンブルに浪費したとか、贅沢品を買いまくったとか、そんな一般的に考えて合理的な理由でない場合は、銀行は相談には応じません。

私たち銀行員はお客さんから返済条件変更の相談を受ければ、それを店内や本部などに報告をすることになります。
なぜ返済条件の変更が必要なのか、その理由は報告には欠かせないことです。

返済がきつい理由を伝えることで銀行員に「基本的にやむを得ない」と考えさせることも出来ます。

銀行への返済条件変更の交渉においては、まず返済がきつくなった理由を最初に伝えてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%