銀行口座の差押と銀行融資

ホーム銀行融資と税金の関係>銀行口座の差押と銀行融資

◆質問

今、自営業での融資を銀行へお願いしたくて、動いているのですが、消費税滞納の問題があり、門前払いと思っていましたが、相談に行った銀行員が良心的な方で親身に相談にのっていただき、消費税は国税で、市税ではないから、一端置いといて、必要書類を提出すれば、保証協会へかけ合ってくれるとのことでした。
必要書類を準備してる最中ですが、とんでもない事を思い出しました。
借主予定者(旦那)が、銀行口座差し押さえを時々されています。
お恥ずかしい話ですが、10年くらい前、仕事の関係で数台の車を所有していた時の自動車税が、利息が膨らみ、ますます払えず、ほっておいたままです。
今は、住所も変わり、督促も書類も来ませんが、3年ぐらい前に差し押さえされた事実があります。
どこの銀行にも預金らしい預金は入っていませんので、金額的に数十万差し押さえられという事はありません。が、何も解決していません。

どう考えても、県内の銀行全てに、差し押さえの連絡は出しているでしょうから、生年月日、氏名から、ばれると思います。
となると、それが原因で破談の可能性は大いにあるのでしょうか。





◆回答

銀行口座を差押するには銀行名と支店名を特定する必要があります。
税金滞納に伴う銀行口座の差押は現実問題としてよく発生する事例ですが、県内すべての銀行口座に差押をするにはあまりにも数が多すぎます。
県内の銀行の支店を合計すれば、膨大な数になると思います。
となると、物理的にすべての銀行とその支店に対して差押をすることは無理だと考えられます。
ある程度目途を付けたうえで差押を行うのが実務上の取り扱いだと思われます。

銀行は口座の差押通知を受けると対象となる口座の預金を拘束するわけですが、その事実を他の銀行に知らせることはありません。
差押えを受けた銀行での融資は無理となりますが、差押がなかった銀行では原則としてそのような事態を知ることが出来ませんから、融資審査がパスすることは十分考えられることです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%