父の保証協会に対する債務がなくなれば私の会社は信用保証協会の保証がつけられますか?

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>父の保証協会に対する債務がなくなれば私の会社は信用保証協会の保証がつけられますか?

◆質問

父は以前事業を行っておりましたが事業がうまくいかなくなり他に会社を作り長男の私が社長として事業を引き継いでいます。
今の会社は前の会社と資本関係はございません。また父は働いておりません。

そこで、お尋ねしたいのですが父は保証協会から返済を求められ分割で少しずつ支払っていました。
最近、債務が保証協会から、保証協会のサービサーに移りました。
そして、サービサーが父の資産状況を調べ金額を提示してきました。
提示金額を支払えば残債は請求しないということです。
また、相続人にも請求がこないとのことでした。
他の連帯保証人も同じことを行い、応じれば同様な扱いであるとのことでした。
もし、上記内容に応じた場合、私が社長をしている会社に保証協会の保証がつけられるでしょうか。
以前は、だめでした。





追記:父の会社は休眠会社として残っております。父も他の連帯保証人も破産をしておりません。

◆回答

くだけた表現で恐縮ですが、信用保証協会は「いやがる」と思います。
経営されている会社は信用保証協会に求償債務を負っていませんから、信用保証協会の保証を受けられる「資格」はあります。
ただ求償債務を負っているお父さんの会社を引き継いでおられることから、お父さんの会社と実質的に同一とみなされるはずです。

お父さんは間もなく求償債務を免除されるとのことですが、免除後少なくとも一定期間(たとえば1年とか2年程度)が経過しないと、信用保証協会の利用は実質的には難しいかと思われます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です