信用保証協会による不動産の任意売却

ホーム銀行融資と担保>信用保証協会による不動産の任意売却

事例
事実関係
・父が会社を経営していたが業績不振で倒産した
・会社は銀行から信用保証協会の保証付融資を受けており、信用保証協会の代位弁済を受けた
・父の自宅が担保となっており、信用保証協会から自宅の任意整理の話が来た

普通、担保処分と言えば「競売」をイメージされると思いますが、信用保証協会が言ってきた任意売却とは何か、競売との違いは何かについて解説します。

解説
競売は裁判所を介して行う「強制売却」と言えます。
これに対して「任意売却」とは裁判所を介さず、任意に不動産を売却することを意味します。
実はこの任意売却による担保処分は決して少なくありません。





銀行や信用保証協会が担保不動産を売却する目的は、売却代金で債権を回収することにあります。
つまり簡単に言えば、銀行や信用保証協会は債権の回収に満足出来るのであれば、競売であろうと任意売却であろうと、どちらでも良いのです。
競売は裁判所が絡むことから、公正な担保処分方法と言えます。
しかし売却価格は競売手続きが終了しないと確定されません。
つまり、銀行や信用保証協会としては競売にかけたものの、いくらで売れるのか、つまりいくら債権が回収出来るのか、終わってみないとわからないという側面があります。

これに対して任意売却というのは、銀行や信用保証協会が不動産会社などに依頼などして主体的に売却先を探し、かつ売却価格の交渉も可能です。
交渉の結果、債権の全額が回収出来るとか、全額まで行かなくとも相場状況に照らし合わせて妥当な価格で売却出来るのであれば、価格がいくらになるかわからない競売手続きよりは都合が良い場合があります。

このような理由から銀行や信用保証協会は担保不動産の処分方法として任意売却の手法をしばしば採用しています。
もっとも任意売却が進まない場合には競売手続きへと移行していきます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です