私が連帯保証人である会社が倒産しました

ホーム信用保証協会と連帯保証人>私が連帯保証人である会社が倒産しました

質問

私は会社役員のもので先日会社が倒産することになりました。
会社で銀行からは信用保証協会の保証付融資で自分はその連帯保証人になっていました。金額としては約7000万円程になります。

また個人的には住宅ローンを組んでいました。
住宅ローンは毎月77000円の返済です。
私は家族を持っており、家はどうしても守りたいです。
私と致しましては会社における保証協会からの借り入れ分と個人の住宅ローンを合わせて毎月10万程を保証協会へ返済していきたいと考えております。
家は取られないかたちで保証協会は認めて頂けるのでしょうか?
自分が聞いた話しですが億単位で保証協会に返済があるのにずっと毎月1万くらいしか払っていない人がいるとの事を耳にしました。
その方は住宅ローンは組んでいないようです。

自分はこれから別の会社にて働くのですが給料的にはまずは30万前後になるかと思います。
自分の収入によっても保証協会の判断基準が変わってくるという事も耳にしました。
本当に家だけはとにかく守りたいです。





回答

まずあえて連帯保証人の責任について触れておきます。
連帯保証人は債権者から請求があれば債務者に代わり全額の返済義務があります。
そしてその返済義務に関連して所有資産の差押や競売などにより強制回収されても異議が唱えられない立場になります。
これが連帯保証人の責任です。
したがって、ご自宅を失うこととなる可能性があると言えます。

その上での話となりますが、信用保証協会への返済や信用保証協会が自宅を競売にかけるかどうかについては、あくまでも信用保証協会との話し合いの結果によります。
現実的な問題としてご自宅には住宅ローンの抵当権が第一順位で設定されていると思います。
住宅ローンの残高にもよりますが、競売にかけても住宅ローンへの返済が優先され、信用保証協会の取り分がほとんどないことも考えられます。
このようなことも含めて信用保証協会は話し合いによる分割返済を受け入れるかどうかを判断するはずです。
一番大事なのは信用保証協会に対して、連帯保証人として毎月少額であってもきちんと返済をしていくという明確な意思を表示されることです。
信用保証協会は公的機関ですから、当然手荒なことはしませんが、一方で公的機関であるからこそ、手続きに則り粛々と進める側面も併せ持っています。

なお連帯保証人はご質問者さまだけではないのですよね?
複数の連帯保証人が存在するのであれば、話し合いの結果、ご質問者さまへの返済負担額の提示が話し合いの途中で信用保証協会よりあると思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です