別枠といっても必ずしも利用出来るわけではありません

ホーム信用保証協会保証付融資入門>別枠といっても必ずしも利用出来るわけではありません

信用保証協会の保証付融資において多い事例ですが、保証枠に別枠というものがありますがこれは絶対に利用出来るというものではありません。
一例をあげます。
一般保証の無担保枠は原則8,000万円となっています。
これに別枠としてセーフティネットの無担保枠が8,000万円あります。
合算すると無担保枠は1億6,000万円となります。

そこで現在一般保証の無担保枠8,000万円を利用している中小企業が、セーフティネットの無担保枠8,000万円が別枠として設けられたので、こちらも限度枠一杯まで利用出来るかと言えば、絶対に利用出来るとは言えません。
別枠というのは利用可能が約束されている制度ではないのです。

制度としては無担保枠が新たな創設されたわけですが、それはあくまでも制度上だけの話であって、それが利用可能などうかは別途の判断があります。
その別途の判断の最たるものは「返済出来るかどうか」です。

別枠の融資(保証)を利用したからと言って、業績が改善するわけではありません。
新たな借入金を抱え込むことになりますから、従前よりも返済負担が重くなります。
その返済負担力があるかどうかがポイントなのです。
返済能力がないにも関わらず、追加融資を行っても将来の回収に大きな不安を抱えるだけです。

制度上の別枠とそれが利用できるかどうかはあくまでも別です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です