売上の減少で銀行融資の返済条件を変更したいのですが

ホーム返済条件変更(リスケ)>売上の減少で銀行融資の返済条件を変更したいのですが

銀行融資の返済は融資時に契約した返済条件に従って返済していかなければなりません。
しかしながらその後の事業の状況変化などにより、契約時に定められた返済が困難になる場合があります。
その代表的なケースが売上減少によるものです。

どのような場合でも同じですが、返済が苦しい時はとにかく、そしてなるべく早く借入先の銀行に相談をしてください。
そして返済条件の見直しを含めて率直に相談することが大切です。
だまって延滞が長期化するのはもっとも避けるべきことです。
銀行は想像以上に柔軟に対応してくれます。
管理人もそうしています。

売上減少による銀行との返済条件見直し交渉のポイント

売上減少による返済条件の見直し相談においては、今後の売上計画をしっかりと銀行に説明することが一番のポイントです。
銀行がもっとも警戒するのが売上のジリ貧です。
売上のジリ貧は倒産する最も多いパターンです。
したがってジリ貧に陥らないように、どうやって売上の回復を図っていくのか、その施策を銀行にしっかりと相談しながら説明することが大切です。

また固定費を中心とした経費削減策の提示も大切です。
銀行融資の返済は最終的には事業の利益によって行います。
利益をどうやって確保していくのか、それはつまり銀行融資の返済金をどうやって生み出していくのかにつながります。





「最後まで返済する」という明確な意思表示が大切

そしていくらくらいなら返済に回せるのかを伝えてください。
これは銀行に対して「最後まできちんと返済します」という意思を伝えることにつながります。
最後まできちんと返済するという明確な意思こそが銀行との返済条件見直し交渉においては不可欠な姿勢です。

間違っても開き直りはやめましょう。
開き直りの態度は何ら解決になりません。
銀行の態度が硬化するだけです。

最初から説明資料等を準備する必要はありません

なお最初からきちんとした資料を用意する必要はありません。
それよりも早く銀行に相談することの方が大切です。
用意すべき資料等はその場で銀行から提示があるはずです。
その提示に基づいて作成をすれば十分です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%