当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本

信用保証協会や銀行が運転資金の資金使途を事後チェックすることはありますか?

運転資金として受けた融資は運転資金として使用をしなければなりません。
ところで銀行や信用保証協会は融資後に運転資金の資金使途を事後チェックしてくるのでしょうか?
銀行や信用保証協会の融資の資金使途のチェックについて融資担当の銀行員が説明をします。

銀行融資の資金使途

銀行が行う融資の資金使途はいろいろなものがありますが、その多くは運転資金と設備資金です。
銀行が行う事業者向けの融資は事業本体で必要となる資金を対象としています。

資金使途通りに使用することで事業に役立つ

例えば運転資金ですが、運転資金は事業を行う上で常に必要となってくる資金です。
銀行から受けた運転資金の融資を資金使途通りに運転資金として使用することにより、事業者の資金繰りは安定させることができます。

資金使途違反は資金繰りを苦しめる

運転資金として融資をした資金を運転資金以外の別の目的に流用した場合、事業者の資金繰りを苦しめることになります。
運転資金以外の別の目的に流用したということはそれだけ運転資金が不足してしまうということです。
さらに融資ですから返済もあります。
当然、事業者の資金繰りを圧迫することとなります。
資金繰りが悪化するということは融資の返済に懸念が持たれる状態です。
そのため銀行は融資の資金使途に目を光らせています。

銀行は運転資金の資金使途を事後チェックしている

銀行は融資が資金使途通りに使用されているかどうかに非常に敏感です。
運転資金の融資後に融資がきちんと運転資金として資金使途通りに使用されているかどうかを事後チェックしています。

銀行は運転資金の融資の資金使途の事後チェックをしている

運転資金の資金使途の事後チェックの方法

では銀行が具体的にどのようにして運転資金の資金使途を事後チェックしているかをご紹介します。

預金口座を動きを毎日チェック

運転資金の融資後は融資を入金した預金口座の出入りを毎日、チェックをしています。
振込で出金があれば、その振込がどこになされたものか、その振込内容までチェックをしています。
そして振込先から運転資金の資金使途としては疑問がある内容であれば、質問をして運転資金なのかどうかを確認をしています。
運転資金の融資が全額出金されるまで、預金口座の確認による資金使途の事後チェックは続きます。

預金口座の出入りにて資金使途の事後チェックを行っている

融資後の決算書にて資金使途を事後チェック

このような日々の資金使途の事後チェックに加えて、融資後に融資先から提出を受ける決算書にて資金使途の事後チェックも行っています。
決算書、特に貸借対照表を見ることにより直接的にせよ、間接的にせよ資金使途の事後チェックを行うことができます。
例えば運転資金の融資後の決算書にて、第三者宛の貸付金が増加していたとします。
この場合には運転資金の融資を直接第三者宛の貸付金に使用したのではなく、融資前にもともと手元にあった資金を使用したのかもしれません。
仮に手元資金を第三者宛の貸付金に使用したのであれば、運転資金の融資を貸付金に流用したとは言えません。
しかし運転資金の融資により手元資金に余裕が出たからこそ、もともとあった手元資金を第三者宛の貸付金に使用したとも考えることができます。
銀行は直接ではないにしても間接的に運転資金の融資を流用した資金使途の事案と考えます。

融資後の貸借対照表にて資金使途の事後チェックを行っている

預金口座の出入りによる資金使途の事後チェック

さきほど預金口座の出入りにより資金使途の事後チェックを行っていることを紹介しましたが、もう少し詳しく説明をします。
資金使途違反の実例をいくつか紹介します。

社長の個人口座宛に振込が行われている

社長宛の振込はもちろん運転資金だと考えることはできません。
これは運転資金の資金使途違反です。
社長への貸付金とか社長からの借入金の返済に流用されたと考えられます。
運転資金の融資の資金使途違反です。

関係会社に振込

関係会社がある場合、その関係会社宛に振込が行われていることがあります。
この場合には融資先に銀行は質問をします。
関係会社からの仕入代金の支払であればそれは運転資金と考えることができます。
しかしそうでなければ関係会社宛の貸付金とも考えられます。

他の銀行の口座に振込

融資先の他の銀行口座に振込が行われていることもあります。
この場合も銀行は融資先に質問をします。
他の銀行から仕入代金や給与の支払いを行っているのであれば、運転資金として考えられます。
そうでなければ他の銀行からの借入金の返済に充当したことも考えられます。
資金使途違反に疑問があるケースです。

第三者宛に振込

会社や個人などの第三者宛の振込は資金使途違反が濃厚に疑われる事態です。
第三者への貸付金や第三者からの借入金の返済が疑われます。

証券会社に振込

証券会社宛の振込は明らかに運転資金とは関係がないはずです。
運転資金の資金使途違反です。
運転資金の融資を受けたものの、すぐには使用しないので一時的に証券会社で株式を購入したというケースが散見されます。
一時的であっても証券会社への振込は運転資金の融資の資金使途違反です。

資金使途違反の代償

それでは銀行による資金使途の事後チェックにより資金使途違反が発覚した場合の代償について説明をします。

融資全額の返済を求められる

事後チェックにより資金使途違反が発覚した場合には、原則として銀行は融資全額の即時返済を求めます。
資金使途違反は融資契約の違反だからです。

資金使途違反には原則として融資全額の即時返済を求める

一部の融資返済を求める

融資の全額返済までは求めずに資金使途違反をした金額部分の返済を求めるケースもあります。
融資の全額返済を求めるのか、それとも一部の返済を求めるかは資金使途違反の事業やその内容によってわかれます。

資金使途違反をした一部の金額の返済を求める

資金使途違反を元に戻すように求める

これが資金使途違反に対する銀行のもっとも穏便な対応ですが、資金使途違反を元に戻すように求めます。
例えば社長宛の口座の振り込んだ場合、社長から事業者の口座に再び同じ金額を振込をしてもらい、資金使途違反を元に戻すことです。

資金使途違反を元に戻すように求める

信用保証協会に資金使途違反を報告する

信用保証協会の保証制度を利用した融資である場合、信用保証協会は資金使途を直接に事後チェックすることはありません。
資金使途を事後チェックするのはあくまでも融資を行った銀行です。
しかし銀行が行った資金使途の事後チェックの結果、資金使途違反が発覚した場合には、銀行は信用保証協会に報告をします。
このことにより他の銀行から信用保証協会の保証利用の申し込みがあっても、信用保証協会は資金使途違反を行った事業者として慎重に審査を行うことになってしまいます。

資金使途違反は銀行から信用保証協会に必ず報告がされる

信用保証協会や銀行が運転資金の資金使途を事後チェックすることはありますか?のまとめ

以上、信用保証協会や銀行が運転資金の資金使途を事後チェックするかどうかについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・運転資金の資金使途の事後チェックは必ず行う
・融資後の預金口座の出入りや決算書により事後チェックは行われる
・資金使途違反があれば融資全額返済など厳しいペナルティーが待っている
・資金使途違反の事実は銀行から信用保証協会に報告される

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行融資の基本
-,