手形貸付の仕組みをわかりやすく教えてください

ホーム銀行融資の基礎>手形貸付の仕組みをわかりやすく教えてください

手形貸付の仕組みと流れは以下の通りです。
1.金額・振出日・支払期日を記入した手形を銀行に振り出す
2.振出日に銀行から融資が実行される
3.支払期日に銀行に返済する

以上が手形貸付の基本的な仕組みと流れになります。
手形は通常、銀行が用意してくれます。
その手形に金額、つまり融資金額を記入します。
銀行によってはあらかじめ金額を入力しているものもあります。
次に振出日欄に融資実行日を記入し、支払期日欄に融資返済日を記入します。
これだけです。
なお手形の金額に応じて印紙税の納付が必要となります。

手形貸付は主に運転資金や賞与資金、納税資金など短期の融資に多く用いられています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。