銀行員は、試算表のどういうところを見ているのですか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行員は、試算表のどういうところを見ているのですか?

銀行が融資先の試算表の提出を求めるのは業績の確認が目的です。
融資をしている銀行としては取引先の業績動向が気になるところです。
決算書による業績確認が第一なのですが、通常、決算書は年に1回しか作成されません。
その間の業績を確認するために試算表の提出をお願いするのです。
また追加融資の営業にも使用しています。

試算表の提出を受けた場合、銀行員の目線は大きく次の2つです。
・前期決算期以降の業績の確認
・各勘定科目の変化の確認

試算表を入手するとまず売上が増加しているのか、減少しているのか、また利益は黒字か、赤字か、利益率はどうなっているのかなどを確認します。
前期や前々期以前の決算書と比較して傾向はどうなのかを確認します。

次に各勘定科目の変化の確認をします。
これは固定資産の増減や借入金の増減など主に前期決算書と比較して大きく変化しているものはないか、変化の要因は何かなどを分析するわけです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。