銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの不利益を知っておく

ホーム返済条件変更(リスケ)の手引き>銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの不利益を知っておく

リスケは銀行側にとっては不利な条件変更ですから、銀行側からいくつかのペナルティを受けます。
返済条件を緩和し、事業を継続・再生するためにある程度やむを得ないことと理解していただければ幸いです。

リスケにおいて銀行から受けるペナルティとしては大きく2つあります。
1つめは金利が上がることです。
リスケ要請を行うということは融資先の業績が悪くなったということです。
融資先の業績が悪くなったということは、銀行側としては融資の回収リスクが高くなったということです。
リスクが高くなるわけですから、それに見合う利息を徴求しなければコストに見合いません。





2つめはリスケ期間中は原則として追加融資が受けられないことです。
リスケ期間において今後の見込み通りに事業がうまく展開せず、資金がさらに不足する事態に至る場合があると思いますが、その場合でも追加融資を受けることは原則としてできなくなります。
このことを前提にして資金繰りを考える必要があります。

さきほど返済に回せる金額はある程度余裕をもった水準で銀行に提示すべきとご案内しましたが、これは追加融資が受けられないことを前提にした一種の備えなのです。

リスケの不利益としてはその他に担保を要請されるとか、手数料の支払いなどがありますが、大きな影響があるペナルティとしては上記2つとなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%