今後のために今から銀行より融資を受けて信用を付けておいたほうが良いですか?


ホーム銀行融資の受け方>今後のために今から銀行より融資を受けて信用を付けておいたほうが良いですか?

銀行は融資の申し込みを受けた場合、融資先は初めてのお客なのか、それともすでに融資取引があるお客なのかを非常に気にするところがあります。
当然ながらすでに融資取引があるお客の方が初めてのお客に比べて、銀行は「安心感」を抱きます。

銀行はあるお客に対して本格的な融資を行うには、一定の取引履歴を重視するところがあります。
逆の言い方をすれば初めてのお客に対して、いきなり本格的な融資(≒大きな融資)は困難です。
融資を行う前には決算書などの分析によって審査を行うわけですが、どれだけ審査を行っても「本当に返済出来るかどうか」は融資をやってみなければわからないという側面があります。
その点、新規のお客の場合には融資後の返済状況などがわかりませんから、どうしてもいきなり本格的な融資に銀行は二の足を踏むことになるのです。

したがって将来、ある程度の融資を受けることを計画している場合には、いきなりではなく、「実績作り」が必要であるのが現実です。
もっとも不必要な資金を借入することの是非はあるのですが、今後のことを考えて少額でも融資取引の実績を作っておくことは実際問題として必要なことです。
ただし、どれだけ実績があっても必ずその後に本格的な融資が受けられるとは限りません。
融資審査はその都度の業績状況などに基づいて行われます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト