銀行が融資先企業を見限るのは企業がどんな状態になった時でしょうか?

ホーム赤字決算・債務超過のとき>銀行が融資先企業を見限るのは企業がどんな状態になった時でしょうか?

事業継続の可能性

銀行が融資先企業を見限るというか、支援を打ち切る見極めは一言でいえば事業継続の可能性有無です。
事業継続の可能性があり、今後の売上や収益の回復見込みが見いだせれば、可能な限り追加融資などで資金繰りの支援を行おうとします。
一方で赤字状態が続いており、今後も業績の回復が見込める可能性が低いと考えられる場合には、支援を打ち切る判断をします。

定期的に現況の報告を

銀行から継続して支援を求める必要がある場合には、とにかく定期的に現在の状況を銀行に説明することが大切です。
融資は受けたものの、その後の状況について何ら報告をしないのであれば、銀行としても融資後の状況が把握できず、今後も支援を行う材料がありません。
定期的に現在の状況を説明し、今後の計画を逐一銀行に説明することが大切です。
このようなことを続けていると、さらなる追加支援が期待できるとともに、資金面以外の支援(たとえば業務斡旋など)を銀行から受けることも可能となります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス