銀行が融資先企業を見限るのは企業がどんな状態になった時でしょうか?

ホーム赤字決算・債務超過のとき>銀行が融資先企業を見限るのは企業がどんな状態になった時でしょうか?

事業継続の可能性

銀行が融資先企業を見限るというか、支援を打ち切る見極めは一言でいえば事業継続の可能性有無です。
事業継続の可能性があり、今後の売上や収益の回復見込みが見いだせれば、可能な限り追加融資などで資金繰りの支援を行おうとします。
一方で赤字状態が続いており、今後も業績の回復が見込める可能性が低いと考えられる場合には、支援を打ち切る判断をします。





定期的に現況の報告を

銀行から継続して支援を求める必要がある場合には、とにかく定期的に現在の状況を銀行に説明することが大切です。
融資は受けたものの、その後の状況について何ら報告をしないのであれば、銀行としても融資後の状況が把握できず、今後も支援を行う材料がありません。
定期的に現在の状況を説明し、今後の計画を逐一銀行に説明することが大切です。
このようなことを続けていると、さらなる追加支援が期待できるとともに、資金面以外の支援(たとえば業務斡旋など)を銀行から受けることも可能となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%