銀行融資の基本 融資審査マンの見方

試算表は銀行融資審査の必要書類です

銀行に融資の申し込むを行うと銀行から融資審査に必要だとしていろいろな書類の提出が求められます。
今回の審査に必要な書類の1つとして試算表について説明をします。

銀行の融資審査の最大の目的

銀行で行われる融資審査の最大の目的というのは「貸したお金が戻ってくるかどうか」という一点です。
もし融資した資金が回収できないとなるとそれは銀行の損失となります。
これは銀行としては絶対に避けなければならないことです。

返済能力の審査が大切

そのため融資先の返済能力を徹底的に銀行は審査を行います。
返済能力を審査する上で代表的な資料は決算書です。
決算書の分析による返済能力の審査が融資審査でもっとも重要です。
そのため決算書は融資審査の必要書類として欠かせません。
決算書がなければその時点で審査は否決で終了します。

決算書の欠点

ただこの決算書には欠点があります。
それは決算書は通常は年に一度しか作成がされないということです。
決算期毎に決算書を作成するわけですから、通常は年に一度だけです。
上場企業などの大企業の場合には半年ごとに、あるいは四半期ごとに決算書を作成していることもありますが、中小企業をはじめとした多くの会社は年に一度だけ決算書を作成します。

決算書は過去の数字

ところで決算書に記載されている業績は過去のものです。
例えば3月決算の会社が12月に銀行に融資の申し込みをしたとします。
融資審査の必要書類として最新の決算書の提出が求められますが、提出する最新の決算書は3月のものとなるでしょう。
つまり9ヶ月前の決算書ということです。
会社の業績は日々変化をしています。
前期決算は好調であったが今期はなかなか厳しいということもよくあることです。
こうなると融資を審査する銀行としては前期の決算書は必要書類として当然に融資審査の参考にするものの、今期に入った足元の業績はどうなのかが非常に気になるところです。

試算表は足元の業績を説明する

ここで試算表が意味を持ってきます。
試算表というのはご承知のとおり、決算書ではないものの準決算書ともいうべきもので会社においても足元の業績を確認する上で定期的に作成されていることが多い資料です。
そのため銀行は融資審査において決算期以降の足元の業績を確認するための必要書類として試算表の提出を求めるのです。

試算表がない場合の影響

融資審査の必要書類として試算表の提出をお願いしても、「作っていない」という理由で提出が受けられない場合があります。
決算書に年に一度の確定申告という目的で作成が義務付けられていますが、試算表の作成は義務付けられていません。
そのため特に中小企業においては試算表を作成していない会社が存在することが少なくありません。
ただこの試算表がないと銀行は過去の業績は決算書により知ることができますが、足元の業績を十分に把握することができません。
試算表がないために足元の業績を十分に把握することができないとなると、突っ込んだ融資審査判断ができなくなります。
そのため実際にも試算表がなく足元の業績が不透明であるため、融資をお断りすることもあります。
また融資に応じるとしても突っ込んだ融資判断ができないために、希望額には満たない「とりあえず」程度の金額しか融資が受けられないといったことになります。

試算表は必須の必要書類

今では中小企業を応援する信用保証協会でも試算表は必要書類とされています。
試算表がないと突っ込んだ融資判断ができません。
中小企業だからという理由で試算表がなくても仕方がないという考えを今では銀行や信用保証協会では持ち合わせていません。
試算表は融資審査の必須の必要書類となっています。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-