銀行融資の基本 融資審査マンの見方

社長が消費者金融から借金がある場合

社長が消費者金融から借金がある時、これが影響して社長が経営する会社は銀行から普通に融資が受けられるのかどうか・・・
今回はこのテーマで融資担当の銀行員が説明します。

中小企業に対する銀行の見方

社長に消費者金融から借金がある時に、社長の会社の融資に影響があるかどうかですが、その前に中小企業に対する銀行の見方を理解しておきましょう。
なぜなら本来であれば会社と社長は別人格ですから、融資に関しても別人格として扱うのが本来なことです。
しかし銀行は原則として中小企業の会社とその社長を実質は一体だと見ています。
中小企業の場合にはいわゆるオーナー会社であることが圧倒的に多いと思います。
株主が社長一人とか社長の親族で固められているケースが大半です。
このようなことから銀行では中小企業の会社と社長個人とは別人格ではあるものの、融資の判断においては一体として見ているのです。

消費者金融から借金があることの意味

消費者金融が良いとか悪いとかを申し上げるつもりはありません。
しかし事実として消費者金融の金利は高金利です。
それにも関わらず消費者金融から借金があるということはその個人の資金繰りが苦しいと考えるのが自然でしょう。
社長が消費者金融から借金があれば「社長はお金に困っているの?」と銀行は考えたくなります。
そしてさきほど説明したように会社と社長は実質一体です。
社長が消費者金融から借金がありお金に困っているとなると、ひょっとすると会社のお金を社長に回してしまうかもしれません。
また社長がお金に困っているということは会社もお金に困っているのではないかとも考えられます。

会社の銀行融資への影響

結論から申し上げますと、その会社は銀行融資を受けることは難しくなります。
これに関してもっとも銀行が懸念していることは、

・社長が資金繰りに苦しいということは会社も資金繰りが苦しいと考えられる
・社長の資金繰りを助けるために会社の資金が流用される


の2点です。
実際は社長が資金繰りに苦しい状況においても会社の資金繰りは問題ないこともあるでしょう。
しかし銀行のような第三者からすると会社の内部状況はよくわかりません。
そのために銀行は保守的に考えて社長の資金繰りが苦しいということは会社の資金繰りも苦しいのではないかと考えるのです。
また2点目の社長の資金繰りを助けるために会社の資金が流用されてしまえば、それだけ会社の資金繰りにはマイナスです。
融資をしている銀行からすると融資先の資金繰りには常に注意を払っています。
なぜなら資金繰りが悪化すれば融資の返済に支障が出る可能性がある、つまり融資の回収に懸念が生じるからです。

まとめ

このように中小企業とその社長は実質一体だという特徴から社長に消費者金融から借金があるとその会社に事業資金の融資を銀行が行うことは難しくなります。
なお社長が住宅ローンや教育ローン、オートローンなど目的別のローンで金利も適切な水準のローンであれば、会社の融資には影響しません。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-