開業のために日本政策金融公庫と銀行にそれぞれ申し込みを行うとまずいでしょうか?

投稿日:

ホーム起業・創業融資の申込み>開業のために日本政策金融公庫と銀行にそれぞれ申し込みを行うとまずいでしょうか?

別にまずくはありません。
開業のための融資は日本政策金融公庫、銀行がそれぞれ取り扱いをしています。
当然、それぞれにおいて審査がありますので融資が受けられるかどうかは申し込みをしないとわかりません。
そのため、日本政策金融公庫と銀行にそれぞれ開業のための融資を申し込まれるお客さんは少なくありません。
2つの金融機関にそれぞれ申し込みを行うのは保険の意味ですね。

ところで2つともそれぞれ審査が通った場合、どのようにしますか?
せっかくだから2つとも融資を受けようと考えるかもしれませんが、1つの融資だけで開業のための必要資金が確保されるのであれば、どちらか1つだけの融資を受けられることをおすすめします。
2つともそれぞれ融資を受ければ、十分すぎる資金を確保することができ、ある面安心することが出来ますが、どうしても気持ちのゆるみが生じます。
また融資の返済も単純に考えれば2倍となります。

1つだけの融資でとりあえず開業を行い、その後の状況で資金不足が生じた場合、残りの1つから改めて融資が期待できる余地を残しておくべきかと思います。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-起業・創業融資の申込み
-, , ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.