経常運転資金と設備資金の返済原資について


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>経常運転資金と設備資金の返済原資について

返済原資は考え方の違い

経常運転資金と設備資金の銀行融資の返済はどちらも「お金」にて返済するわけですから、この点において返済原資は同じなのですが、考え方の点で経常運転資金と設備資金の返済原資は異なります。

経常運転資金の返済原資

経常運転資金というのは売上が現金化するまでの「つなぎ」として銀行から融資を受けるのが基本です。
売上が現金化すれば経常運転資金の銀行融資は返済することになります。
つまり経常運転資金の返済原資は売上金です。

設備資金の返済原資

これに対しては製造設備を更新する、新規出店のための設備を購入するなどの設備資金の目的は今後の長期的な事業の継続・発展を狙いとするものです。
明日の売上のために設備投資を行うわけではありません。
このことから設備資金の返済原資は売上金ではなく、長期的な事業活動によって得られる利益が返済原資となります。

資金繰りの安定

もちろん売上金も利益も1つの財布の中に入ってしまえば区別は出来ません。
したがって経常運転資金と設備資金の返済原資の区別は1つの考え方なのです。
ただし単なる考え方ではなく、道理にかなっている面もあります。
例えば売上金を設備資金の返済に充てたとします。
そうすると売上金で返済すべき経常運転資金が返済出来ません。
また次の仕入資金や社員に支払う給料が不足することになります。
つまり経常運転資金は売上金で返済する、設備資金は利益で返済するという考え方でもって運営した方が資金繰りの安定に資することになるのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト