任意整理後、事業融資は受けられますか?

投稿日:

ホーム銀行融資の審査に関すること>任意整理後、事業融資は受けられますか?

質問
私は8年前に任意整理?債務整理?をして3年間で完済し、去年の12月で5年経過しています。
その状況で事業をやっていて新規事業を起こすことになり銀行借り入れを考えています。
法人として3年たち決算も終わったので借り入れを申し込んでみようかと思うのですが融資は受けられるものなのでしょうか?
今年になり、アメックスから法人カードの案内が来たので申し込んでみたらカードが作れました。
銀行融資はどうなんだろうと考えています。

回答
絶対とは言えないのですが、法人向け融資の審査において法人の代表者や連帯保証人の個人信用情報を調査することはありません。
これが原則です。
個人向け融資と法人向け融資の場合では融資の返済原資となる収入が異なるからです。
つまり個人向け融資と法人向け融資は別物と考えるのが銀行の基本的な考え方です。

ただし、特に中小企業の場合には、法人とその代表者とは実質的に一体と考えることが妥当な場合が多いのです。
法人の資金繰りのために代表者個人の資金を投入することは珍しくありません。
このため、法人向け融資であっても審査は法人だけを対象とはせず、その代表者の信用情報も考慮する必要が出てきます。
この一環として、代表者個人の個人信用情報を参考にする場合があります。

法人向けの融資審査において代表者個人の信用情報も調査するかどうかは、金融機関によって取り扱いが異なり一概なことは正直申し上げられません。
なお仮に代表者個人の信用情報を調査し、その結果、事故情報が確認されれば法人向けの融資はお断りすることになるのが多いと思います。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の審査に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.