ginkobankの記事

何度も運転資金の申込みがある取引先

ある解体業者の融資先があります。 当行がいわゆる主力銀行であり結構頻繁に運転資金の相談があります。 正直、「いくら主力銀行といってもこう度々融資の申込みがあると厳しいな」と考えている融資先です。 3ヶ ...

財務内容によって無担保融資の可否が決まる

銀行の融資の少なくとも半分以上は実は無担保扱いの融資です。 不動産などの担保を取った上での融資は半分以下です。 では誰でも無担保融資が受けられるかどうかというとそこは甘くはありません。 銀行が無担保扱 ...

売上減少時の融資相談には今後の見込み説明が不可欠

売上現象の時こそ銀行の融資が必要性が高まるが… 売上が減少すると入金が少なくなりますから資金繰りがタイトになりがちです。 こういう時こそ銀行からの融資の必要性が高まるはずです。 しかし一方で銀行側から ...

予定していた入金が入らなくなった

まずは取引銀行に伝える 予定していた入金が入らなくなったことにより資金繰りがショートしてしまう場合には何よりもまずは取引銀行にその事実を伝えましょう。 早ければ早いほど良いです。 このような予定してい ...

売上増の時は銀行融資を受けておくことも1つです

売上が増えているときは融資をしたがるのが銀行員 売上が増加しているときは銀行というところは融資をしたがるものです。 仮に今まで新規融資に渋っていたとしても、売上増の言葉を聞くと融資をしたがるというのが ...

融資決裁ラインとの面識を持つと有利

日頃は担当者と話をしているが・・・ 銀行は融資先には原則として担当者を付けています。 したがって日頃はこの担当者と話をすることが多いでしょう。 担当者より融資などの提案を受けたり、逆に融資の相談をした ...

収支計画は自分の目でも検証を

ホーム>設備資金に関すること>収支計画は自分の目でも検証を 設備投資資金を銀行から融資を受けることは多々あると思います。 設備資金融資の審査においては銀行は設備投資効果および返済能力を検証するために収 ...

銀行の融資姿勢はこんなに違う

ホーム>銀行融資の交渉>銀行の融資姿勢はこんなに違う 銀行から提案による融資と銀行への申し込みによる融資のケースでは銀行の姿勢は大きく異なってきます。 銀行からの提案の場合には基本的に銀行が「融資した ...

設備資金借入の復元は困難です

ホーム>設備資金に関すること>設備資金借入の復元は困難です 店舗の新設、新工場の建設などの設備投資資金を銀行から融資にて調達することは多々あります。 そして設備資金融資の返済はその投資によって生み出さ ...

境界線未確定の不動産購入資金融資を謝絶

ホーム>銀行融資申込事例集>境界線未確定の不動産購入資金融資を謝絶 小売業の会社から新店舗の出店用地としてその不動産購入資金の融資相談がありました。 銀行は不動産購入融資の案件があった場合、その不動産 ...

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.