これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した

資金繰りの問題等で銀行に預けている定期預金を解約した。
別に担保に取られているわけではないが今後の融資に悪影響を及ぼすのでは?

銀行は担保に取っていない限り、預金の払い出しの申し出を受ければそれに応じなければなりません。
払い出しをしにきた企業(個人)宛に融資をしていても、定期預金を担保にとっていない限り解約には応じないといけません。
これはケースバイケースなのですが、担保には取っていないものの「この定期預金の預け入れがあるから」といった理由で融資を行なっていることもあります。
定期預金を見合いにして融資を実行しているケースです。
こういった状態においてその拠り所となる定期預金が解約されたとなると、その融資の全額返済を求めることはできないにしても、少なくとも次回も同じような融資が可能になるかどうかは非常に微妙となります。
「解約する前に一言、言ってくれてもいいのに」とか「相談してくれれば別の方法も考えられたのに」「資金繰りが危ないのかな」と総じて残念に思います。

資金繰り等の問題で定期預金を解約せざるを得ない。
ではどうすれば良かったのか?
融資を受けていない銀行の定期預金は勝手に解約しても何の悪影響もありませんが、融資取引がある銀行に預けてある定期預金を解約する際には事前に連絡することがベターです。
事前に相談を受ければ銀行は定期預金の解約ではなく、追加の融資の検討だって十分にあるのです。
無言の解約は回避しましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした

税金を払いたくない、あるいは納税額を少なくしたいとの理由で利益を圧縮することは現実にはよくあることだと思います。
実際に多くの企業がこのような対応をしていると思います。
中には税金を払いたくないから、本当は黒字だけど赤字にしたと言われる会社の社長もいらっしゃいます。
ところでこの「税金を払いたくないから赤字にしたのであって、本当はちゃんと黒字ですから」という説明を銀行はどのように受け止めていると思いますか?
説明のように税金対策で赤字決算にしただけであって、本当は黒字だから融資の返済は大丈夫だし、追加の融資も検討出来ると銀行は考えるのでしょうか?

答えは「赤字だから注意をした方が良い」と銀行は考えます。
なぜなら本当に税金対策でわざと赤字にしたのか、それともそもそも赤字だったのか、銀行には本当のところはわかりません。
あくまでも決算書の数字が正しいものとして銀行は融資判断をします。
税金対策が原因で赤字にしたとかは関係ありません。
時々決算の前に電話などで税金を払いたくないから赤字にしますと言われる社長がいらっしゃいますが、銀行は「そうですか」とせいぜい言うだけで、そのことを了解することはありません。

税金を払いたくないから利益を少なくする、赤字にするということは自由ですが、今後とも銀行から融資を受けることを予定しているのであれば、過度な税金対策は将来禍根を残す可能性があることを注意してください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

ファクタリングは中小企業でも相手にしてくれるのか?

ホーム銀行融資・資金調達にお悩みの方へ>ファクタリングは中小企業でも相手にしてくれるのか?

急な資金需要が発生し銀行融資では時間的に間に合わない場合、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法がスピードある調達手法としてあります。
このファクタリングについて大企業ではなく中小零細企業でも利用が可能なのかどうかという問い合わせを受けましたので説明しておきます。

ファクタリングというのはさきほども説明したように現在保有している売掛債権をファクタリング業社に譲渡、簡単に言えば売却することで資金が調達出来るものです。
したがって極論を言えば、企業の規模とか決算が黒字か赤字かは関係なく売掛債権の質などの内容の方が大切になります。
なぜならファクタリング業社は売掛債権を購入するわけで、購入時に申込企業に渡した資金はこの売掛債権がきちんと期日に支払を受けることで資金を回収することになるからです。
申込企業の内容の良し悪しよりも売掛債権の支払人の良し悪しの方が重要だということです。

ですから申込企業が大企業ではなく中小企業であってもまったく問題にはなりませんから、当然相手にしてくれます。
決算が赤字であっても、仮に税金の未納があっても売掛債権を保有していれば申込が可能となります。
銀行融資がなかなか難しい、銀行に融資を相談しているような時間的にゆとりのない資金繰りにファクタリングは効果を発揮します。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

銀行融資が受けられない時の対処方法その2

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資が受けられない時の対処方法その2

銀行に融資を申し込んだが断られてしまった。
諦める前にその断られた銀行は日頃売上の入金などを行なっているところかどうか確認をしてください。
売上入金取引がない銀行はほとんど決算書の良し悪しだけが融資可否の判断基準になってしまいます。
赤字決算など業績が悪ければ融資判断のハードルはどうしても高くなってしまいます。
もし今回、そのような、つまり売上入金取引のない銀行への融資申し込みであれば、決算内容のみで判断されてしまいます。

次善策として日頃から売上入金先として利用している銀行に融資の相談をしてみてください。
日頃から売上入金をしていれば、その銀行は決算書に示された業績のほかに足元の業績状況もリアルに判断することが出来ます。
また売上入金があるということは自然にその銀行の預金残高も一定の水準は残っていることでしょう。
銀行はこのような預金残の推移も融資可否の判断材料にしているのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

銀行融資が受けられない時の対処方法その1

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資が受けられない時の対処方法その1

銀行融資を申し込んだが断られてしまい融資が受けられそうにない・・・。
銀行融資の審査を受ける側から見て業績がずっと赤字続きなどどうやっても融資が難しいという案件がある一方で、「ここがこうであれば融資が検討可能なのだが」という案件も少なくありません。
「こうであれば融資検討が可能なのだが・・・」という事例を参考までに紹介をしていきます。
今回は短期つなぎ資金です。

運転資金が不足しそうなために銀行に融資を申し込んだが断られた場合、今一度資金繰りの見通しを精査してみて、この売上金が入るまでの間だけでも融資が受けられれば資金繰りがつながるということがあると思います。
例えば3ヶ月後の代金回収までの資金繰りがきついのであれば、銀行に単に運転資金として融資を相談するのではなく3ヶ月の間だけの短期の融資相談をしてみてください。
この場合の融資の返済原資は3ヶ月後の代金回収資金です。
その代金回収の口座はその銀行口座に指定することは必須です。
銀行としては長期の運転資金融資は無理ではあるが、短期間の融資であれば検討しやすくなるのです。

短期つなぎ資金で融資相談をする場合には、今後の資金繰予定表、返済原資となる代金回収の裏付けとなる資料、例えば契約書の写しです。
これらの資料を基礎にして銀行側で融資後の当面の資金繰りは大丈夫と理解出来れば融資に応じやすくなるのです。
参考にしてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

別の銀行で追加融資を受けても大丈夫か?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>別の銀行で追加融資を受けても大丈夫か?

これは信用保証協会の保証を使って運転資金融資をA銀行から受けている状態で、追加の運転資金を別の銀行で受けてもA銀行からの心象が悪くならないかどうかという質問です。
融資を利用している会社の規模にもよりますが、1つの銀行だけで融資を受けていることは少数でむしろ複数の銀行と融資取引があることが大多数です。
複数の銀行と融資取引を行っていることで金利面の競争が取引銀行間で行われ借り入れの条件面が有利になることがあります。
これが1つの取引銀行であると金利はややもするとその取引銀行の言いなりになってしまうことがあります。
また将来、その銀行の融資姿勢が厳しくなった場合、複数の取引銀行の融資取引を持ってれば別の銀行に融資相談をスピーディーに行うことが可能となります。
これが1つの銀行だけと融資取引をしていると、新たな銀行の取引を開始するには相応の時間を要してしまい、タイムリーな資金調達に支障が生じることもありえます。

このように別の銀行から融資を受けてももともとの銀行の心象がわるくなることを心配する必要はありません。
資金繰りの安定のためにも複数の銀行の融資パイプを持っておくことはむしろ良いことです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

銀行融資を受ける際に車は見られていますか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行融資を受ける際に車は見られていますか?

これは個人事業を行なっている方が銀行に事業資金の融資を受ける際に乗っている車で判断が変わるかどうかという質問です。
高級外車に乗っていた方が資金的に大丈夫そうに見られるとか、軽自動車に乗っていた方が誠実そうに見られるのではないかいった内容です。

銀行融資の審査において申し込みをした人がどんな車に乗っているかは判断にはまったく影響しませんし関係ありません。
高級外車に乗っているから資金的に大丈夫そうだとも思いませんし、軽自動車に乗っているから誠実そうだとかお金がないのではないかといったことを考えることはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

私の返済遅れが父の借入に影響しますか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>私の返済遅れが父の借入に影響しますか?

これは親子で別々の事業を個人事業で行なっており、親子ともそれぞれ別に銀行融資を受けている状況です。
子の事業状態が思わしくなく資金繰りが悪化し、銀行融資の返済が滞っています。
このような状況で子の延滞が父の今後の新規借入に影響を与えてしまうかどうかというものです。

結論ですがまず影響はありません。
仮に親子が借入している銀行が別々の銀行であればまったく影響はありません。
そして親子が同じ銀行から融資を受けている場合、まず銀行は子の返済が延滞状態にあることは気づく可能性があります。
ただ気づいたとしても親子の事業がまったく独立しており、一方の事業の悪化が他方の事業に影響を与えるものではなければ父の新規借入に最終的に影響が出る可能性はないと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

都市銀行と地方銀行、どちらが融資を受けやすいですか?

ホーム銀行融資の受け方>都市銀行と地方銀行、どちらが融資を受けやすいですか?

起業などで初めて銀行融資を受ける際に、一般的に大銀行である都市銀行と中小規模である地方銀行や信用金庫でどちらの方が融資が受けやすいのかは気になるところだと思います。
明確にこの疑問に答えることは難しいですが、どちらかというとそれは都市銀行よりも地方銀行や信用金庫の方でしょう。

都市銀行はやはり相対的に会社規模が大きいところに経営資源や人的資源を中心的に投下しています。
したがってこれから起業する場合とか年商規模が数千万円といった状況においては、都市銀行内部では「手間だけかかって面倒くさい」というのが銀行員の本音です。
ですから中堅銀行員が担当することはまずなく、入行1年目や2年目といった知識やスキルがまだまだの若手が勉強の意味で対応することが大半です。
これに対しては地方銀行や信用金庫の場合には、いわゆる中小企業が顧客の中心ですから、このような規模の会社に経営資源や人的資源を中心的に投下しています。
したがって若手だけではなく中堅の銀行員が対応することも少なくないでしょう。
また地方銀行や信用金庫は都市銀行に比べて地域への密着度合いが強いですから、地元の会社をより大切にしようという姿勢があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

貯蓄をしていると銀行融資が受けやすくなりますか?

ホーム起業・創業融資の申込み>貯蓄をしていると銀行融資が受けやすくなりますか?

これは数年後に個人で飲食店の開業を検討している方がその開業資金を銀行融資で手当てすることを考えているケースの質問です。
今後、銀行から融資を相談するにあたりあらかじめ個人で銀行に積立貯金などの貯蓄をしておいた方が有利に働くかどうかといった疑問です。

これはずばり銀行にあらかじめ貯蓄をしておいた方が有利に働きます。
銀行というところは不思議なもので融資量を伸ばそうと日々考えている一方で、突然取引のない法人や個人から融資の申し込みを受けると警戒する特徴があります。
なぜうちに来たのか?とか他に断られたから相談に来たのか?など。
ですからあからじめ個人で貯蓄をしておくと「だからうちに相談に来たんだ」と銀行は納得するのです。
また融資可否の判断においても「個人で一定の預金取引があるから」といった理由で審査のハードルを下げる傾向にあります。

融資判断はケースバイケースで上記の例が必ずとは言い切れませんが、融資審査に有利に働くことは確かです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。