ginkobankの記事

銀行が嫌がる融資先の属性その4 法人の所在地がバーチャルオフィスである

法人の本店所在地は実際に事務所があるところや、ケースによっては法人の代表取締役の自宅に置いていることが大半です。 本店には業務遂行に必要な机や電話のほかに業務に関する書籍や商品などが置かれています。 ...

約束を守らない社長とは付き合いたくない

約束を守ってくれない 銀行の融資判断は融資先の返済能力など信用面の良し悪しが大きな判断要素となりますが、その根底にあるのは融資先との信頼関係です。 お金を必要としている取引先に融資により資金を提供する ...

銀行が嫌がる融資先の属性その3 直近において法人の役員が頻繁に変わっている

代表取締役を筆頭に法人の役員は設立時のメンバーやその後の社内昇格などのメンバーで構成されていることが多く、基本的に法人の役員は一定期間は変わらないのが自然です。 役員の任期は一定期間内に定められていま ...

銀行が嫌がる融資先の属性その2 直近において法人の所在地が変わっている

法人でも私たち個人と同様に所在地、つまり住所が頻繁に変わることはまずありません。 設立以来、同じ場所を本店所在地にしているケースも少なくありません。 もっとも事務所が手狭になった、設立時は代表取締役の ...

銀行が嫌がる融資先の属性その1 実質的支配者と代表者が異なっている

銀行は融資審査の際に単に融資先の決算状況を分析しているだけではなく、そもそものところで融資先の属性に問題や違和感などがないかどうかを検証しています。 ここではその1つとして会社の社長と実質的な支払者が ...

設備資金融資に対する銀行員の基本的な考え方

設備資金融資は利益で返済が可能どうかがポイント 設備資金融資の返済の拠り所は利益です。 運転資金融資は売上の回収と仕入支払の時間的なギャップを一時的に補うための融資ですから、その返済原資は売上回収金と ...

期限の利益の喪失

期限の利益の喪失とは 期限の利益の喪失とは一定の条件に該当した場合、銀行からの要請や要請がなくても自動的に借入の全額を直ちに返済しなければならないという強い規定です。 銀行取引約定書の条項の中でもっと ...

運送会社からの運転資金申し込み事例

融資先の概要 A社は、首都圏にある一般トラック運送業者です。 近県にトラック基地兼物流センターを自社で保有し、荷主の需要に対応する体制を整えています。 業歴は40年以上を有しますが、近年は景気低迷の影 ...

建設業向けの運転資金融資

建設業の運転資金整理 建設業の運転資金の発生の仕組みや特徴を1つの具体的な事例に沿って整理しておきます。 A社はBさんという地域の地主さんからビル建設の工事を1億円で受注しました。 A社としては工事原 ...

小売業に対する銀行員の基本的な見方

小売業は最も身近な存在 小売業は私たちにもっとも身近な存在です。 食品スーパー、百貨店、コンビニエンスストア、雑貨店、本屋などこれらはすべて小売業です。 多種多様の取引先の中で、もっとも私たちに身近で ...

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.