ginkobank のすべての投稿

銀行員への技術力の説明の仕方

ホーム銀行融資の受け方>銀行員への技術力の説明の仕方

銀行融資というと担保がないと融資が受けられないといったイメージがいまだにあります。
銀行も担保に依存した融資判断が久しく続いていました。
担保に依存した融資判断はいまだにありますが、一方で担保に依存しない融資判断が昨今はもとめられています。
事業力評価融資などと呼ばれていますが、要するに融資先の事業内容や強みに着目し将来性を評価した上で融資の判断を行うことだろうと考えています。





ところがですがその事業力の評価を行う銀行員は実は取引先の技術力などの事業力への理解度が相当低いのが実情です。
簡単に言えば事業力とか技術力が高いなどと言われても、具体的にどのように高いのか強みがあるのかをなかなか理解出来ていないのです。
銀行員の知識の向上が必要であることは当然ですが、現実的な対応として自社の事業力や技術力などを説明する際には、業界の専門用語などは使わずに平たい言葉で銀行員に伝えてください。
そして自社で製造した物が最終的にどのような製品に使用されているのか、またどのような先に販売をしているのかを説明してください。
事業力や技術力の高さがわからない銀行員であっても、「あの製品に使われているのですかー」「あの会社に販売をしているのですかー」ということになれば「この会社の技術力は高いんだ」と理解することが出来るようになります。
そして自社の事業力や技術力が高いということが銀行員に理解させることができれば、今まではハードルが高かった銀行の融資姿勢を緩和させる効果も期待出来ます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

飲食店の店舗移転資金

ホーム業種別の銀行融資>飲食店の店舗移転資金

すでに融資取引のある飲食店から店舗の移転に伴う融資相談がありました。
新店舗の保証金は自己資金にて対応出来るものの、店舗の内装工事におよそ3、000万円を要するためこの内装工事代金について融資の相談がありました。
今回、この記事にて特に案内したいポイントとしてはこの例のように店舗移転等に伴い設備資金が発生する場合には、ぜひ銀行に融資相談されることをおすすめすることです。
なぜなら飲食店向け融資において銀行は設備資金については原則として前向きに検討を行いますが、運転資金については後ろ向きな姿勢にて検討を行うからです。





飲食店は基本的に現金商売ですから運転資金の必要性はありません。
それにもかかわらず運転資金の需要が発生する多くのケースは赤字の補填によるものです。
赤字の補填という後ろ向きな資金需要に対して銀行が積極的に融資を検討することはありません。
謝絶することも含めて銀行は融資検討を行います。
一方で設備資金については銀行は積極的、少なくとも後ろ向きな姿勢で融資を検討することは基本的にありません。
つまり銀行が飲食店に融資を行いやすい機会というのは店舗移転や新店舗出店時などに発生する設備投資の時だけなのです。
したがって仮に手元資金にて店舗移転にようする資金がすべて賄えるとしても、今後の資金繰りの安定のために一部は銀行融資を利用して手元資金を温存しておくことがおすすめします。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

赤字だから試算表が出せないのか

ホーム銀行融資審査マンの心理>赤字だから試算表が出せないのか

前々から融資の打診があり足元の業況を確認するために試算表の提出をお願いしている融資先があります。
ここ数日は忙しいので少し先になるが試算表の提出をする旨の連絡があり、その提出を待っている状態です。
それから1週間、2週間が経過してもこの融資先からは連絡がありません。
3週目になってこちらから電話をしましたが来客中とのこと。
電話に出た社員の方に折り返しの連絡がほしいと伝言を残しました。
今日は2日目ですがやはり連絡はありません。





こういう状態のときに銀行が考えることは「赤字で試算表が出せないのでは」ということです。
赤字の状況が銀行にわかってしまったら融資を受けられないのではないか、だから今後少しでも改善が見えてきたら提出をしようと考えているのかもしれません。
この融資先は普段から新商品の売れ行きが良いなどと業績が順調だと言わんばかりの話題ばかりでした。
ですから普段の会話とは正反対の赤字の試算表など提出が出来ないということかもしれません。

いずれにしてもこのような取引先は信頼感が低下します。
普段の話もまともに受け止めることが出来ません。
あくまでも想像の世界ですが、さきほど申し上げてきたことが正しくて恐らく赤字なのでしょう。
だから試算表を提出しようとしないし、電話にも出ないのでしょう。
融資の検討などまったく前には進みません。
たとえ赤字であったとしてもきちんと試算表の提出があって、別の融資の拠り所があれば検討可能な場合もたくさんあるのにです。
いいかっこだけする融資先には銀行は前向きにはなれないのです。
会社の業績が浮き沈みがあって当然です。
計画通りに売上が進展しないことがあっても普通のことです。
そのようなことは避けて良いことばかりを匂わす融資先にはやはり信頼が出来ませんし、融資の検討など出来ないのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

住宅ローンのリスケジュールについて

ホーム住宅ローンの返済条件変更(リスケ)>住宅ローンのリスケジュールについて

質問
現在、サラリーマンをしながら、3000万円の住宅ローン(金利0.65%)を支払っています。
リスケジュールについて、伺いたい事があるのですが。。。

毎月10万円を支払っているのですが、諸事情があって、毎月の支払いが厳しい状況になってきました。来年になれば、分割で支払っている3つのクレジットの支払いが終わるので、状況は回復します。
それまで、利息だけは支払うことで、元本返済を待ってもらえないかなと、銀行さんに相談をしようと思うのですが・・・・





相談した時点で、「期限の利益の喪失」と判断されて、一括返済を求められたり…給与口座を差し押さえされたりとか…そーいう状況になったりは、しないかと心配になりました。
かといって、口座の残高が0になるまで、黙っているのもどうかなと思って…

お忙しいところ恐れ入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

回答
支払猶予の相談をしたからといって期限の利益を喪失させて一括返済を求めることはないです。
そもそも一括返済を求めても返済がされる可能性などない状況ですから。
リスケの相談をせざるを得なくなった要因や現在の収入や返済状況を説明してください。
そして今後返済がきちんとなされる可能性があるのであれば銀行はリスケに応じるはずです。
心配せずに相談をしてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

飲食業に過度な運転資金融資は困難です

ホーム業種別の銀行融資>飲食業に過度な運転資金融資は困難です

高級寿司店を営む会社から5、000万円程度の運転資金の申し込みを受けました。
最近、飲食業から運転資金融資の相談を受けることが多いです。
しかし他の記事でもご案内しているように飲食業に対する銀行の運転資金融資の姿勢は厳しいのです。
なぜなら飲食業は基本的に掛けで売上が発生することがありません。
掛けで売上が発生しないということは運転資金が必要ではないということなのです。
運転資金というのは売上が回収になるまでのつなぎ資金です。
ところが飲食業は売上の発生と同時に現金にて回収出来ることが大半ですから、運転資金がそもそも不要な事業形態なのです。





それにもかかわらず運転資金が必要になってくるというのは、実は売上回収までのつなぎが要因ではなく、別のところに要因があります。
その別のところというのはずばり赤字だからです。
ずばり赤字だからと言い切ることはややオーバーからもしれませんが、ほとんどケースは赤字のために資金不足に陥り、そのために運転資金融資の相談につながっているのです。
冒頭の例の高級寿司店の会社から5、000万円の運転資金融資の相談がありますが、これも実は売上不振により赤字状態に陥っており、従業員の給与や店舗の家賃、材料の仕入れなどのために資金繰りがタイトになってきたために、今回の融資相談になったのです。

つまり銀行から見れば飲食業宛の運転資金は実は赤字の補填資金であるために返済可能性が低い融資案件なのです。
返済可能性が低いわけですから、当然銀行は融資に後ろ向きとなり審査のハードルは極めて高いものとなるのです。
担保という保全があれば別ですが、無担保での融資は対応するとしても必要最低限のものに限られます。
今回の5、000万円の融資相談は担保があれば別ですが、無担保ではとても対応出来ない規模の金額です。
今後の業績改善の見通しがしっかり持てない限り、十分な融資を銀行から受けることは極めて困難です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

父の会社と父個人の借入の連帯保証について

ホーム銀行融資と経営者の関係>父の会社と父個人の借入の連帯保証について

質問
はじめまして、お忙しい中申し訳ありません。何卒よろしくお願いします。
父の会社と父個人の借入の一部約6千万の連帯保証人になっています。
別途利息が年1千万ほど発生し、現在利息が8千万、合計1億4千万となっています。

父の会社とは別に自分の会社を経営しており、借入が8千万ありますが、返済も滞りなくがんばっており、あと6年で完済予定です。父の会社の借入先と私の会社の借入先の金融機関は全く別で、企業同士の取引もありません。なんとかやりくりしてますが、厳しい資金繰りが続いているので私の資産もほとんどありません。

質問としては、父の会社と父が破産することになった場合、連帯保証分1億4千万はとても払える金額でないので自己破産を考えていますが、自社の借入分の連帯保証人にもなっているので自社の借入先の金融機関から連帯保証人としても能力がないと判断され、借入残の一括回収をされるのではと恐れています。

家内がいるので代表と連帯保証人の変更は了解してもらってますが、銀行に相談したら
一括返済とならないかと怖くて相談にいけません。

ちなみに父の会社と個人の借入先は信用金庫1社となり、私の会社の借入先は地銀のなっております。





何か対応策がありましたらご教授お願いします。
何卒よろしくお願いします。

回答
ご質問を拝読しました。
悩ましい問題ですね。

まず貴殿が自己破産した場合ですが、そもそも貴殿の取引銀行にその事実がわかってしまうかどうかですが、銀行間で情報交換はしていませんので、貴殿の取引銀行には知られない可能性があります。
ただ何だかの事情で貴殿の取引銀行が自己破産の事実を知る可能性もありますので、以下では知った場合を前提としてお答えします。

連帯保証人が自己破産をした場合、銀行は貴殿の会社に融資を一括返済するように請求する権利を持ちます。
ただ権利を銀行が持つだけで実際に請求を行うかどうかは別です。
銀行としては一括返済を求めることは簡単なことですが、請求したからといって融資が全額回収出来る保証はありません。
貴殿が自己破産したことによって債務者である会社の業績や信用面において今後どのような影響があるのかを見定めた上で最終的に一括返済を求めて法的な回収手段に入っていくのかどうかを判断します。

ご質問の中で会社の代表者と連帯保証人を貴殿の奥様に変更する案も提示されておりますが、これは率直に申し上げて無意味です。
貴殿の会社はあくまでも貴殿が中心で運営されてきたものだと思います。
仮に奥様に代表権を譲っても会社はあくまでも従来どおり貴殿が中心となって運営されていくものと思われます。
実態がどうなのかを銀行は見ており表面的なことは問題ではありません。

今後の対応ですが、さきほども申し上げましたように貴殿が自己破産しても銀行が一括返済を求めるとは限りません。
あくまでも債務者である会社の状況を見定めた上でのことです。
したがってベストな対応案としては会社の業績等がどうなるのか、貴殿の自己破産の影響はどうなのかをきちんと取引銀行に相談されて、仮に会社の業績に影響がないのであればそのことを真摯に伝えることだと思います。
銀行側としても会社の業績等に影響はなく、返済も今後とも従前のように履行されていくということであれば、一括返済を求めることはないと考えます。
ただ新規の融資を受けることは困難となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

売掛債権を担保にした融資制度

ホーム銀行融資と担保>売掛債権を担保にした融資制度

銀行融資の担保の代表例は不動産や有価証券、預金です。
無担保扱いにて銀行融資が受けられれば問題はないのですが、融資の金額ボリュームや業績如何によっては無担保での融資が難しい場合も多くあります。
ただし不動産などの担保がないから銀行融資を諦めざるをえないと考えてしまうことも多いと思います。
そんな時、売掛債権を担保にすることで融資が受けられる可能性があります。
売掛債権はどのような事業でも発生するものだと思います。

もっとも売掛債権があれば必ず担保になるわけではありません。
担保ということですから万が一の時にはその債権が銀行に譲渡されることになります。
したがって譲渡することが禁止されている債権はこの売掛債権担保融資の対象とはなりません。
譲渡禁止がなされていない売掛債権が銀行融資の担保の対象となります。





そして銀行の担保の取り方としては売掛先に譲渡の承諾を求めるのが原則ですが、承諾を求めるということは相手先に担保となることがわかってしまいます。
これは借りる側としては売上先に担保にして融資を受けることがわかってしまいますから、避けたいというのが本音だと思います。
そこで債権譲渡を登記することで銀行が担保に取る方法があります。
この登記による担保取得が一般的ではないでしょうか。
売掛先が登記を見にいけばわかってしまいますが、まず登記を見にいくようなことはしませんから、実態としては売掛先に知られることなく担保提供をして銀行融資が受けられるます。

担保がないと銀行融資を受けることが難しい場合には一度この売掛債権担保の融資を検討し銀行に相談してみてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

いつになったら試算表を出してくれるのか

ホーム銀行融資審査マンの心理>いつになったら試算表を出してくれるのか

融資取引のある化粧品製造会社があります。
主力先ではありませんが、主要な取引銀行の1つとして10年以上の融資取引歴があります。
資金繰りを維持するために年間を通して相応の新規借入が必要な財務体質であり、ここ最近当行でも融資を検討する状況になっています。
当行としてはその融資を検討するために足元の業況を確認するために試算表の提出をお願いしています。
これに対してこの会社は提出はしないとは言っていないものの、「時間がかかる」とか「他の銀行はそのようなことは言ってきていない」などとして未だに提出に至っていません。





決算直後であれば試算表の提出は求めないのですが、この会社の場合には前期決算期から10ヶ月が経過していますから、足元の業況確認の意味で試算表による確認は欠かせません。
他行が試算表の提出を求めていないといっても、もしかしたら決算直後の時期だったかもしれません。
いずれにしても試算表による業況確認は欠かせません。

ところで当社のように試算表の提出を渋るということはもしかしたら出せない状況があるのかもしれません。
つまり足元の業況は赤字でこれを出すと融資が出ないのではないかと危惧しているかもしれません。
あるいは試算表は作成しているとは言っているものの、実は作成しておらず会社自身の業績管理が出来ていないのかもしれません。
こういった状態では検討できる融資も検討出来なくなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

社長が自ら答えない

ホーム銀行融資審査マンの心理>社長が自ら答えない

銀行融資の申し込みを受けた場合など、足元の業績や資金繰り状況などについて会社側にヒアリングすることが多くあります。
その際、私たちはその会社の社長に質問を行います。
その時、社長の隣の席に経理の責任者などが同席されることが時々あります。
このこと自体は問題ではありません。
そして私たちより社長に質問を行うと、社長が答えずに隣に同席されている経理の責任者などが答えることがあります。
ここで問題となるのは社長がまったく質問に答えずに社長は経理責任者の顔を見るだけで、その経理責任者がもっぱら答える場合です。





私たちはなぜ融資が必要になったのか、その要因となる資金繰り状況などについて質問を行うわけで、それは日頃から資金繰りに精通している経理責任者から答えてもらった方が適切だとも言えます。
ただ社長にも答えて欲しいのです。
社長がまったく答えずに回答を経理責任者などに任せっきりというのは社長が資金繰りという経営においてもっとも大切な要素を把握していないのではないかと疑問を持ってしまうからです。
細かいことは経理責任者から答えさせてもまったく問題はありません。
しかしすべて経理責任者に任せっきりというのは、社長が日頃から資金繰りや足元の業績を把握していないのではないかと感じてしまうのです。
これはやはり印象としてマイナスです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

赤字の場合は売上を入金している銀行に行く

ホーム銀行とのつきあい方>赤字の場合は売上を入金している銀行に行く

前期の決算が赤字、あるいは今期が赤字決算見込みである場合、銀行の融資姿勢は厳しくなります。
銀行は晴れている時に傘を貸して雨の時は貸さないなどとよく言われますが、融資は返済してもらわなければならないという銀行の原則姿勢からするとやむを得ない面もあると思います。
これは中小企業や個人事業主がよく利用している信用保証協会においても基本は同じ姿勢です。





しかし決算が赤字でだからこそ資金繰りの補填あるいは安定のために融資の必要性が高まります。
そんな時にどこの取引銀行に相談に行くかですが、主力銀行に相談に行くのももちろん王道ですが、日頃から売上を入金している銀行に相談に行くのも有力な選択肢です。
売上を入金している銀行には自然に預金量も多くなると思います。
これがその銀行の安心感につながります。
逆に売上の入金などまったくなく預金口座の動きは返済のみといった銀行は融資相談をしてもまともに相手にしてくれません。
売上の入金を複数の取引銀行に分散している場合には、それぞれの銀行に融資相談をしてみましょう。
赤字の度合いやその要因にもよりますが、資金繰り上不可欠な資金量は融資に応じる銀行もあると思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%