資金繰り

短期間の借入にはビジネスローンもおすすめ

消費者金融会社やカード該当などいわゆるノンバンクが提供しているビジネスローンは金利が高く敬遠されがちです。
しかしビジネスローンの使い方によっては非常に利便性の高い資金調達方法となります。
今回は「短期間の借入にはビジネスローンがおすすめ」をテーマに説明をします。

ビジネスローンの良いところ

消費者金融会社やカード会社などいわゆるノンバンクが提供しているビジネスローンは敬遠されがちです。
その大きな理由の1つは金利だと思います。
確かにビジネスローンは一般的な銀行融資に比べると金利が高めに設定されています。

審査に柔軟性がある

ビジネスローンの良いところの1つは審査に柔軟性があることです。
銀行の審査はご承知のとおり、融資金額の大小に関わらずしっかりと審査が行われます。
提出依頼を受ける書類の数も多く、審査時間の長めです。
そのため急ぎの融資希望には審査時間の関係で間に合わないことがよくあります。
これに対してビジネスローンの審査は銀行の審査に比べると相当柔軟性があります。
そのため審査に要する時間も短く急ぎの融資希望にも間に合います。

ビジネスローンの審査は柔軟性が高く審査時間も短い

短期間の借入であれば実質的な金利負担は軽く済む

さてさきほども説明をしましたようにビジネスローンが敬遠されがちな大きな理由が高い金利設定があります。
18%で金利が設定されているビジネスローンも少なくありません。
ところで金利は借入の期間に応じて1日単位で発生します。
ということは短期間の借入であれば実質的に負担する利息はそれほど大きな水準にはならないということです。

1ヶ月の利用の場合

1つの例としてビジネスローンの金利が18%で借入金額500万円で1ヶ月(31日)利用するとします。
そうすると、実質的に支払う金利額は次のようになります。

実質的な金利額

500万円×18%×31日÷365日=76,438円

ちなみに借入期間が1年だと支払う金利額は90万円となります。
みための金利は18%と確かに高めの設定ではありますが、短期間の利用であれば実質的に支払う金利額はそれほどの水準にはなりません。

代金回収までのつなぎ資金に利用する

実際に利用する場面としては、売上代金回収までのつなぎ資金、工事代金回収までのつなぎ資金といったように一定の短期間の借入にビジネスローンは適しています。

ビジネスローン利用のまとめ

以上、ビジネスローンの利用に関してまとめますと次のようになります。

まとめ

・ビジネスローンは銀行に比べて審査に弾力性がある
・そのためビジネスローンの審査期間は短期間
・ビジネスローンの金利が高めの設定であるが短期間の利用であれば金利のデメリットは少ない

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-資金繰り
-