当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行の本音

銀行から決算書の提出を求められたら

銀行から融資を受けていると決算期毎に決算書の提出を求められます。
銀行から決算書の提出を求められたらそもそも応じないといけないのかを説明します。

銀行から決算書の提出を求められたらに関する質問

銀行から融資を受けている中小企業です。
融資を申し込む際に審査のために決算書の提出は仕方がありませんが、その後も毎年銀行に決算書の提出をしなければいけないのでしょうか?
融資を利用している間は銀行に決算書の提出をすることが仕方がないとは思いますが、決算書の丸々全部の提出が必要なのでしょうか?
やましいことは特にないのですが、役員報酬なども記載されておりあまり知られたくありません。
顧問の税理士に聞いたら必要なところだけで十分では?というのですが、実際はどうなのでしょうか?

銀行が決算書の提出を求める理由

銀行は少なくとも融資をしている間は融資先の会社に対して決算書の提出を求めます。
なぜ求めるのかと言えば、それは融資先の業績確認のためです。
融資をしている銀行としては融資は最後まで返済をしてもらわなければなりません。
そのため定期的に融資先の業績を確認しています。
その業績確認の手段として毎期毎に融資先に決算書の提出を求めるのです。
融資先の状況によっては銀行は決算書の他に定期的に試算表などの業績確認資料の提出を求めることもあります。

銀行が決算書の提出を求める理由は融資先の業績確認のため

銀行が決算書の提出を求める根拠

この根拠を口に出す銀行員はまず存在しませんが、銀行と融資取引を行う場合に必ず締結する銀行取引約定書には次の条項が記載されています。

銀行取引約定書の条項抜粋

・甲は、貸借対照表、損益計算書等の甲の財産、経営、業況等を示す書類を、定期的に乙に提出するものとします。
・甲の財産、経営、業況等について乙からの請求があったときは、甲は、遅滞なく報告し、また調査に必要な便益を提供するものとします。
・甲の財産、経営、業況等について重大な変化を生じたとき、または生じるおそれのあるときは、甲は乙に対して遅滞なく報告します。

この条項を盾にして決算書の提出を求める銀行員はまず存在しないと思いますが、突き詰めていけばこの条項に基づいて銀行は決算書の提出を求めるのです。

銀行に決算書の提出を拒んだ場合

それでは銀行から決算書の提出を求められて提出を拒んだ場合はどうなるのでしょうか。

業績が悪くて提出できないと考えられる

決算書の提出を求めて拒まれた場合、銀行はまず業績が悪いために提出ができないのだと考えます。
これが現実の第一印象です。

今後の継続的な取引はしない

決算書の提出を拒み、その後追加融資をその銀行に申込をしても銀行が受け付けません。
継続的な決算書の提出を拒み銀行が融資先の業績管理ができないような先に銀行はもう追加の取引をしようとはしません。
決算書の提出を拒まれたことはしっかりと銀行内部に記録として残されます。
銀行の担当者が変わっても銀行の対応が変わることはありません。
率直にって継続的な決算書の提出を拒む取引先は銀行がもっともきらう取引先の1つです。

銀行に決算書の提出を拒んだ場合、良いことは1つもない

悪い決算書を提出した場合

銀行から決算書の提出を求められ赤字のために本当は出したくはないがきちんと提出をしたとします。
赤字の決算のため銀行から融資の返済を求められるのではないかと心配することもあるでしょう。
しかし銀行が提出を受けた決算書が赤字などの悪い内容だからと言って、融資の返済を求めるようなことはしません。
少なくとも返済条件通りに融資の返済をしている限りは銀行は返済を求めるようなことはしませんし、そもそも返済を求める権利は銀行にはありません。
この点は安心をしてください。

赤字の決算書を提出したからといって銀行から融資の返済を求められることはない

決算書の全部を提出しないといけないのか

決算書の提出は全部を求められることもありますし、必要な部分だけを銀行が指定して提出を求めます。
決算書の全部の提出を求められたら原則として全部の提出してください。
全部の提出を銀行から要請されたにも関わらず、一部しか提出をしないと「何かやましいことがあるのか」「何かを隠しているのか」と銀行に思われます。
今後の継続的な取引に大きなマイナスとなります。

銀行から決算書の提出を求められたらのまとめ

以上、「銀行から決算書の提出を求められたら」をまとめますと次のようになります。

まとめ

・銀行は融資先の業績確認のために定期的に決算書の提出を必ず求める
・銀行取引約定書にて決算書の提出が融資先には義務付けられている
・決算書の提出を拒んだ場合には、以降の追加融資などの取引に銀行は応じない
・赤字など内容の良くない決算書を提出しても銀行から融資の返済を求められることはない

当サイトが確認済の事業資金融資です(PR)



1.中小企業・個人事業主向け事業資金
大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

2.融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】
GMOあおぞらネット銀行が提供するビジネスローンです。
繰り返し利用ができる融資枠(極度枠)タイプです。
運転資金やつなぎ資金に利用ができます。

3.保証人不要の事業資金
ネットで完結する事業資金融資です。

-銀行の本音