銀行融資の基本 融資審査マンの見方 銀行の本音

折り返しの電話がないと銀行はこのように考えます

例えば取引先の社長や経理担当に電話連絡をしたものの、外出中などの理由でご不在の時があります。
その際、折り返しの電話を依頼することがありますが、その後その折り返しの連絡がいただけないことがあります。
数回、折り返し電話の依頼をしてもやはり同様。
このような場合、銀行は「忙しいからしょうがない」とは考えません。
銀行は「いざという時にもこのお客は連絡がつかないということになる。このようなお客には融資取引等は出来ない」と考えるのです。
銀行というところは顧客といつでも連絡が取れるということを非常に重要視するところです。
折り返しの電話さえきちんとしてくれないということは、そもそも銀行とまともにつきあうつもりがないとも考えてしまいます。
逆にきちんと折り返しの電話連絡がある顧客には銀行の信用度は増加します。
銀行の信用度が増加すれば、多少業績が悪化しても必要であれば融資をして資金繰りを助けようとするものです。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方, 銀行の本音
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5