銀行の本音

銀行からの電話に折り返しがないと銀行はこのように考えます

銀行は必要な時に取引先に電話連絡を行うことがしばしばあります。
そして社長などが不在の場合には折り返しの電話をお願いすることもあるでしょう。
銀行からの電話に折り返しがされない場合、銀行がどのように感じるのか他のケースを含めてまとめました。

電話の折り返しは普通行うもの

まず銀行に限らず、誰かから電話がかかってきた場合、電話に出られないとか不在である場合には通常、電話の折り返しを行うのが自然だと思います。
例え電話をかけてきた側から折り返しの電話依頼の伝言がなかったとしても、自主的に折り返しをするのではないでしょうか。
銀行からの電話は融資に関する事柄や単なる提案・勧誘などさまざまですが、内容はともかくとして電話がかかってきたら折り返しをするのが自然ですし、もちろん銀行もそのように考えています。

銀行から電話で折り返しがない時銀行が考えること

銀行から電話があり折り返しの伝言が残っているということは通常、何かしら銀行が伝えたいことがある場合です。
銀行から電話で折り返しをお願いしているにもかかわらず、折り返しの電話がない場合には「この取引先はいざとなったら逃げるな」と感じます。
例えば融資の返済が苦しなった場合、銀行に相談することなく逃げるとか、弁護士等と相談をして弁護士から債務整理の連絡をさせるとか、とにかく逃げることを考える取引先と銀行は考えます。
もちろんこのように銀行が限定するわけではないですが、日頃からの取引対応からして銀行から電話で折り返しがないと「やっぱりこの取引先は逃げるな」と銀行は考えます。

銀行からの電話に折り返しをしないと銀行は「この先はいざとなれば逃げるな」と考えがち

忙しいから仕方がないとは考えない

もちろん取引先も忙しいですからなかなか銀行からの電話に折り返しができないこともあるかもしれません。
しかし銀行はだからといって銀行からの電話に折り返しがないからといって忙しいから仕方がないとは考えません。
「どうして折り返しをしてくれないのでだろう」「都合の良い時にしか連絡が取れない」などと考えます。

忙しいから仕方がないとは銀行は考えてくれない

銀行からの電話に折り返しがない場合の銀行の対応方針

一度や二度ばかりではなく、銀行からの電話に折り返しがない場合には銀行はその取引先との取引優先度を低めます。
突き詰めて言えばその取引先とは取引がなくなっても構わないとも考えます。
また融資相談などを受けても表向きは丁寧な対応をしても、本音のところでは差し障りのない程度の対応しかしないようになりがちです。

よくある銀行の対応

・親身に検討しない
・本音では融資をしたくないと考える
・融資利率を今までよりも高くしようとする
・他の銀行と取引が広がっても何とも思わない

銀行からの電話に折り返しがない場合のまとめ

以上、銀行からの電話に折り返しがない場合の銀行の受け止め方をまとめますと次のようになります。

まとめ

・その取引先との取引を重視しない
・いざとなれば逃げるお客の考える
・融資はしたくないと本音で考える
・サービスしようという気持ちがなくなる
・有益な情報提供をしなくなる
・取引がなくなっても構わないと考える
・むしろ取引がなくなってほしいと考える

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行の本音