融資審査マンの見方

ノンバンクとの取引の注意点

事業者が資金調達する手段としては銀行などの金融機関が多いですが、審査に通らないなどの理由でノンバンクとの取引をされる事業者もいらっしゃいます。
ノンバンクとの取引に関する注意点をまとめましたので参考にしてください。

ノンバンクとの取引に関する質問

中小企業を経営しています。
資金繰りが苦しく、取引銀行に融資の申し込みをしましたが思うように審査が通りません。
しかしこのままでは資金繰りに行き詰まってしまいますので、ノンバンクとの取引を行おうかと考えています。
今までノンバンクとの取引はしたことがありません。
ノンバンクとの取引で注意すべきことがあれば教えてください。

大手資本系列のノンバンクもある

一口にノンバンクと言ってもさまざまです。
ノンバンクというと街中のちょっと怖そうな金融業者をイメージされる方もいらっしゃると思いますが、確かにそのようなノンバンクもあることは確かです。
しかし一方で上場企業の資本系例であるノンバンクも世の中にはたくさん存在します。
今ではノンバンクは銀行からの融資がスムーズに受けられない事業者にとって重要な資金調達の手段としての役割を担っています。

今ではノンバンクは事業者にとって重要な資金調達の手段となっている

ノンバンクとの取引の注意点

ではノンバンクとの取引を行うにあたっては注意点はどのようなことがあるのでしょうか。
ノンバンクとの取引の注意点としては大きく2つあります。

ノンバンクとの取引の注意点その1 金利が高い

ノンバンクとの取引の注意点の1つ目は金利が高いということです。
銀行からの融資の金利に比べるとノンバンクの金利は相当高い水準です。
二桁の金利は避けられないと思った方が良いでしょう。
金利が二桁になるとノンバンクからの借入額にもよりますが、ノンバンクに支払う利息で利益が吹き飛んでしまい赤字になってしまうこともあります。

ノンバンクは金利が高い


ではどうすれば良いかと言えば、金利は借りている期間に対して発生しますから可能な限りノンバンクの利用は短期間にすることです。
例えば売上の回収代金が入ってくるまでの間の短期間だけノンバンクを利用するような形態です。
ずっとノンバンクから借入をしていると高い金利の支払いとなりますが、短期間のノンバンクの利用であれば実際に支払う利息額はそれほどにはなりません。

ノンバンクの利用は売上代金回収までといったように短期間の利用を心掛ける

ノンバンクとの取引の注意点その2 銀行との取引にマイナス

銀行によってはノンバンクとの取引があると融資に消極的になるところがあります。
それは、「ノンバンクと取引があるということは資金繰りが苦しいのだろう」という想定によるものです。
しかし冒頭にも説明をしましたがノンバンクにもいろいろとあります。
大手企業系列のノンバンクとの取引は銀行との融資取引には基本的に影響させないといった方針の銀行もあります。
したがってノンバンクと取引をする際にはなるべく大手資本系列のところを選ぶと銀行との取引への影響は軽微で済む可能性があります。

ノンバンクとの取引は銀行との取引にマイナスになることもある

ノンバンクとの取引の注意点のまとめ

以上、ノンバンクとの取引の注意点をまとめますと次のようになります。

まとめ

・ノンバンクは一般的に銀行融資に比べるとはるかに金利が高い
・ノンバンクとの取引は銀行との取引にマイナスになる可能性がある
・そのためノンバンクからの借入はなるべく短期間にとどめる
・なるべく大手資本系例のノンバンクと取引をする

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-融資審査マンの見方
-