当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本

銀行融資の使い道

銀行から融資を受けた資金はどのような使い道に使用しても良いわけではありません。
実は銀行での融資審査においてはその使い道も審査の対象となっています。
銀行の融資の代表的な使い道を説明するとともに、もし別の使い道に使用した場合にどうなるのかについて融資担当の銀行員が説明をします。

銀行融資の使い道は事業に関係するもの

銀行からはどんな内容・使い道の資金であれば融資が相談できるのか、不安な方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回の銀行が融資の対象とする資金の使い道について案内をします。

融資の使い道は事業で必要となる資金

銀行が融資の使い道としている資金は事業で直接に必要となるものに限定されます。
銀行は融資によって融資先が成長してもらうことを期待しています。
そのためには事業に直結する資金を融資の使い道としています。
事業に直結しない資金を融資しても、それが融資先の成長にはつながらない可能性が十分にありますし、さらには融資先の事業に大きな足かせになってしまうことすらあります。
例えば材料の仕入資金など運転資金を使い道として融資をしたにもかかわらず、その資金を社長の友人に貸付をした場合、その会社は運転資金が不足し資金繰りが行き詰まる可能性が出てきます。
社長の友人がすぐに返してくれればまだ良いですが、その後なかなか返済をしてくれないとなると恒常的に資金繰りが不安定になってしまいます。
このような状態になると資金繰りに窮してしまい、融資の返済どころではなくなります。
返済不能となれば銀行も困ります。
そうならないように銀行内では融資審査を行っているわけですが、その入り口は事業に直結する資金を融資の対象として、直結しない資金は融資の対象としないということなのです。

融資の使い道も審査の対象

銀行では融資の審査時にその使い道についてもしっかりと審査をしています。
例えば運転資金ということであれば、

融資の使い道の確認

・そもそも運転資金が必要な融資先なのか
・資金繰り上、運転資金が必要としているのか
・運転資金以外の使い道に融資が流用される懸念がないのか

などをかなり厳格に審査をしています。

銀行融資の代表的な使い道

それでは銀行融資の代表的な使い道をご紹介します。

銀行融資の代表的な使い道

・運転資金
・設備資金
・賞与資金
・納税資金
・設備資金

これに対して、原則として融資の使い道になじまないものは次の通りです。

融資の使い道になじまないもの

・貸付金
・有価証券などへの投資資金

融資の使い道に違反した場合

銀行は融資審査の際に使い道についても審査するとともに、融資後のきちんと使い道どおりに使用されているかどうかを確認しています。
万が一、融資の使い道に違反した場合には次のようなペナルティが待っています。

ペナルティ

・その融資全額の即時返済
・使い道に違反した部分の即時返済
・使い道に違反した資金をもとに戻す
・使い道に違反した融資先には二度と融資はしない
・融資が保証協会保証付の場合には保証協会にも使い道に違反した事実を報告

このように融資の使い道に違反した場合には重いペナルティが待っています。

銀行融資の使い道のまとめ

以上、銀行融資の使い道についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・銀行融資の使い道は運転資金や設備資金に代表される事業に直結するものに限定
・銀行は融資審査時に使い道の妥当性についても審査をしている
・融資後に使い道を銀行は確認している
・融資の使い道に違反した場合には即時全額返済など重いペナルティが待っている

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行融資の基本
-