銀行融資の基本

試算表をすぐ提出出来ますか?

試算表がすぐに出せるかどうか

銀行融資の新規申込みや現在の返済条件の変更(リスケ)を依頼する場合に、銀行からいくつかの資料の提出を求められることになりますが、その1つに試算表があります。
会社の財務内容を説明する資料としては決算書が代表格ですが、決算書は通常1年に1回しか作成されません。
決算以降の会社の業績がどのようになっているかは審査する銀行としては非常に気になるところです。
それを知る1つの材料が試算表なのです。
ですから融資の新規申込みや返済条件の変更の依頼があった場合、銀行は必ずと言っていいほど試算表の提出を求めます。
銀行融資の現場では試算表の提出を依頼した場合、すぐに提出いただける場合と提出までに時間がかかる場合に2分されます。
試算表の数字の中身も大切なのですが、すぐに試算表が出てくるか、あるいはなかなか出てこないかは実は銀行の融資姿勢を決める1つの分岐点なのです。

すぐに提出いただける場合、数字の良し悪しは別にしても少なくとも業績の管理が出来ている会社と考えられます。
逆になかなか提出されない場合は「この会社大丈夫なのかな?自分自身の業績の管理も出来ていないのか」などとネガティブな考えを持ってしまいます。
試算表を含め銀行から要請のあった資料などは可能な限り早期に提出されることをおすすめします。
ちょっとしたことですが意外に銀行の評価は大きく違ってくる可能性があるのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.