銀行の本音

銀行はすぐには融資可否の回答をしない

銀行に融資を申し込んだ場合、できればその場で融資が受けられるのかどうかの回答を知りたいところだと思います。
しかし銀行はその場で融資可否の回答はしません。
そのあたりの銀行側の事情を説明します。

お客さんの気持ちはわかるが・・・

お客さんが融資の相談をする時にはその理由は様々であるにしても、資金を必要としている時です。
したがってお客さんとしては「借りられるのか、無理なのか」を早く知りたいという気持ちは十分に理解できます。
特にお客さんが喫緊の資金繰りに困っている場合には強く融資が受けられるのかどうか、その可能性だけでもすぐに回答がほしいところでしょう。
またお客さんの中には他の金融機関の話を持ち出されて、銀行員の競争心をあおって融資が出るように話をされてこられる場合もあります。
担当の銀行員としてはお客さんの希望に沿うべく融資の可能性があるのか、ないのかだけでも回答をしたいところです。

融資審査はいくつかの手順を踏む

しかし銀行員はすぐに回答したいという気持ちを抑えてぐっと踏みとどまります。
なぜなら融資可否の回答はいくつかの融資審査の手順を踏まなければならないからです。
安易に「融資はまず大丈夫」だと思っても、融資審査の過程で難しい局面に遭遇することは少なくありません。
担当者の銀行員が大丈夫だろうと思っていたとしても、正式な融資稟議において否決となってしまう可能性もあります。
否決とはならないとしても希望通りの金額は無理だとか、金利や融資期間などの融資条件が修正されてしまうことも十分にあり得ます。
稟議前にお客様に対して「大丈夫ですよ」などと安易に回答しているとすると、お客さんとの信頼を失いトラブルに発展し、結果として融資を追い込まれるといった事態に発展しかねません。
これを銀行はもっとも警戒しています。
どれだけ日頃は関係が良いお客様であっても、ことに資金繰りの問題をきっかけにお客様の態度が豹変してしまうことが実際にはあるのです。
残念なのですがこれが現実です。
私たちも非常に辛い立場に置かれてしまいます。

できないものはできない

仮に担当の銀行員が「大丈夫ですよ」と言ったとしても銀行内の正式の融資稟議手続きで承認にならなければ銀行は融資に応じません。
どれだけ銀行に苦情を言ったとしても銀行の考えが変わることはありません。
もっとも「大丈夫ですよ」などと安易に回答した担当の銀行員は責を受けることにはなると思いますが、銀行の融資方針が変わることはないのです。

関連コンテンツ

-銀行の本音

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5