当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

資金繰り

赤字決算でもビジネスローンが受けられるケース

ビジネスローンを取扱っている事業者のホームページを見ると「赤字でも可能」という言葉が飛び込んできます。
銀行では赤字を理由に融資を断ることが少なくありません。
ビジネスローンは本当に赤字でも受けられるのかどうか、融資担当の銀行員が説明をします。

赤字であると銀行が融資を断る理由

まず銀行が赤字であると融資を断る理由について整理をします。

赤字に対して銀行が抱くイメージ

赤字
この図は赤字決算に対して融資担当の銀行員が抱く基本的なイメージです。
赤字を現金ベースに置き換えて考えますと、入ってくるお金よりも出ていくお金の方が多い状態です。
この状態が続けば手元の資金は底をつき、資金繰りは破綻し倒産してしまいます。

赤字とは手元の資金が減っていきやがては底をつくということ

赤字は融資の返済ができないということ

このように赤字は手元の資金が減っていく事態です。
融資が返済されるなどとても期待ができる状況ではありません。

赤字とは一言で言えば融資が返済できないということ

赤字は将来の貸倒を増やすだけ

融資が返済されなければそれは貸倒という損失を銀行が被ることとなります。
赤字決算先に融資を行うということは銀行が被る将来の貸倒損失を増やしてしまう可能性があるということです。
銀行も株式会社ですから収益を獲得しなければなりません。
このことから貸倒損失が増える可能性がある赤字決算先への融資は原則として銀行は行わないのです。

赤字先への融資は将来の貸倒損失を増やしてしまう可能性がある

銀行融資とビジネスローンの考え方の共通点

まずは銀行の融資とビジネスローンの考え方の共通点を説明します。

共通点は融資を回収すること

銀行の融資業務は融資のボリュームを増やすことが目的ではありません。
融資を最後まで回収することが銀行の融資業務においてもっとも大切なことです。
この融資を最後まで回収することはビジネスローンでもまったく同じ考え方です。
そもそも貸倒が増加するようではビジネスローンのビジネス本体が成り立ちません。
ビジネスローンにおいても銀行の融資と同様に最後まで回収することが絶対的に重要なことです。

銀行の融資もビジネスローンも最後まで回収することが絶対的に重要

銀行とビジネスローンの考え方の違い

つぎに銀行とビジネスローンの考え方の違いについて説明をします。

銀行は長期的な取引を展望

銀行と言うのは融資先との単発的な取引を追い求めてはいません。
融資先とは基本的には長い取引を展望しています。
さらに融資取引を武器にして融資以外の取引、例えば預金取引、振込などの為替取引、貿易取引、銀行のグループ会社との取引など、総合的な取引を展望しています。
短期の単発の融資取引はむしろ排除したいくらいの考えを銀行は持っています。

銀行は短期の単発的な融資取引は行いないたくないのが本音

赤字先とは長い取引が展望できない

赤字であると融資が回収されるかどうか懸念を持ってしまうことに加えて、融資以外の取引展望を抱くことが困難です。

銀行の顧客数は多い

また実態面として銀行は多くの顧客が存在します。
銀行の方から営業をしないでも、顧客の方から融資の申し込みが日々あります。
それはすでに取引がある顧客のみならず、取引がない事業者からも日々融資の相談があります。
そうするとあえて赤字決算先に融資を行わなくても銀行は困らないという本音があります。
わざわざ赤字決算先に融資取引をしなくても良いのです。

銀行の顧客層は広くわざわざ赤字決算先に融資をする必要性がない

ビジネスローンは短中期的な取引を展望

銀行に比べるとビジネスローンは短期的、中期的な取引を展望しています。
これがビジネスローンが赤字先であっても融資を行う理由の1つです。

赤字でもビジネスローンが利用できるケース

以上の銀行とビジネスローンの考え方の違いを踏まえて、赤字でもビジネスローンが利用できるケースを紹介します。

赤字でも短期的には返済に支障がない

赤字だからという理由ですぐに資金繰りが破綻して倒産をしてしまうわけでは必ずしもありません。
赤字決算であっても資金繰りが破綻せずに長らく事業を継続している事業者は少なくありません。
ビジネスローンは短中期的な取引が中心ですから、足元が赤字であっても早急な資金繰りの破綻の懸念が少ないのであればビジネスローンは十分に検討ができるのです。

赤字でも短期に資金繰り破綻の懸念が少ないのであればビジネスローンが利用できる可能性がある

赤字でも資金繰りのつなぎであればビジネスローンが受けやすい

また赤字であっても次の売上代金が回収されれば当面の資金繰りに不安はない場合があります。
この売上代金が回収されるまでの資金繰りのつなぎの場面は実はビジネスローンの大きな出番なのです。
売上代金の回収にてビジネスローンの返済が可能なのであれば、赤字であろうかなかろうかはそれほど重要ではありません。

赤字であっても資金繰りのつなぎであればビジネスローンのチャンスがある

赤字決算でもビジネスローンが受けられるケースのまとめ

以上、赤字決算であってもビジネスローンが受けられるケースについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・そもそも赤字であってもすぐに倒産してしまう事業者は少ない
・赤字であっても早急な資金繰りの行き詰まりがないのであればビジネスローンのチャンスがある
・赤字であっても売上代金回収までの資金繰りのつなぎであればビジネスローンのチャンスがある

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-資金繰り
-