資金繰り

返済条件変更(リスケ)は資金調達です

返済条件変更(リスケ)のイメージは資金繰りが苦しいために今までのように返済することが出来なくなり、返済額を減らしてもらうといったイメージがあると思います。
確かに返済条件変更(リスケ)は返済額を軽減して資金繰りを改善させる方法ですが、見方を変えれば返済条件変更(リスケ)は資金調達の方法でもあるのです。

返済条件変更(リスケ)の定義

返済条件変更(リスケ)は資金調達であるということを理解するためにも返済条件変更(リスケ)の定義について確認をしておきましょう。

返済条件変更(リスケ)は支出を抑制する

業績の悪化などを理由に資金繰りが苦しくなった場合、その資金繰りを維持するために支出を抑制することが大切なことになります。
経費を見直して節約するのはどの代表例の1つです。
そして融資の返済額を軽減する、つまり返済条件変更(リスケ)は支出を抑制する効果的な方法です。
したがって返済条件変更(リスケ)は一定期間、融資の返済額を軽減して資金繰りを維持するということが定義だと言えます。

返済条件変更(リスケ)の効果

返済条件変更(リスケ)はこのように支出を抑制して資金繰りを改善させる効果があります。
例えば毎月100万円の融資の返済を行っている場合、融資を受けている銀行に返済条件変更(リスケ)の要請を行い、結果として毎月の返済額が50万円に軽減されたとします。
この場合、現在の返済額に比べて毎月50万円の返済額が軽減されます。
年間にすると600万円です。
このように返済条件変更(リスケ)は支出を抑制して資金繰りの改善させることができるのです。

返済条件変更(リスケ)は資金調達である

本来資金繰りが苦しい場合には銀行から融資を受けて資金繰りを安定させたいところだと思います。
しかし業績悪化時には銀行もなかなか新規融資には応じてくれません。
しかし資金繰りは絶対に維持しなければなりません。
どれだけ業績が悪化して赤字になったとしても資金繰りが維持されている限り、倒産することなく事業は継続することができます。
そのためには新規融資による資金調達ができない場合には支出を抑えて資金繰りを維持することになります。
この支出を抑えるということが実は資金調達だと言えるのです。
さきほどの例で返済条件変更(リスケ)により毎月50万円、年間600万円の支出が抑制される例をご案内しました。
この年間600万円の効果は支出が抑制できた数字ですが、このことは600万円の資金調達ができたこととまったく同じ効果をもたらしています。
つまり600万円の新規融資が受けられたことと同じことなのです。
このことが返済条件変更(リスケ)が資金調達であると言えることなのです。

返済条件変更(リスケ)により自力で資金繰りが回せることが前提

もっとも返済条件変更(リスケ)は当面、新規の融資が受けられないデメリットがありますから、返済条件変更(リスケ)を含めた支出の抑制により当面の資金繰りが自力で回せることが前提となります。
支出を抑制しても資金繰りが維持できないとなると現実問題として返済条件変更(リスケ)を銀行の要請してもなかなか応じてくれません。
返済条件変更(リスケ)を含めてどのように自力で資金繰りを維持することができるのか、どの方策の検討がとても重要なことになります。

関連コンテンツ

-資金繰り
-