当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本

開業資金の融資をどこから受けるか?

起業するにあたっては事業立ち上げ前後の当面の運転資金や、事務所の保証金など設備資金といった開業資金が必要になります。
これらをすべて自己資金で賄えばそれに越したことはありませんが、やはり銀行などからの開業資金の融資も検討しなければならない場合が多いと思います。
ここでは開業資金を銀行からの融資で調達する場合に、どこの銀行に開業資金の融資の相談を行えば良いのかを案内します。
融資担当の銀行員が説明をします。

開業資金の融資の相談先ベスト3

銀行などの金融機関と言っても世の中にはさまざまな金融機関があります。
メガバンク、地元の地方銀行、信用金庫、政府系金融機関などいろいろあります。
結論として開業資金の融資の相談先としては次の3つがおすすめです。

開業資金融資の相談先ベスト3

・政府系金融機関である日本政策金融公庫
・開業場所近くの地元の地方銀行や信用金庫
・個人口座で主に利用している金融機関

開業資金の融資の相談先 日本政策金融公庫

開業資金の融資で多くの事業者が利用しているのが政府系金融機関である日本政策金融公庫です。
事業者としての独立開業という国の後押しもあって積極的な対応をしています。
計画の立て方や資金計画の考え方、各種計画書類の記入方法などを細かく教えてくれます。
開業資金の融資の相談先としてまずおすすめするのは日本政策金融公庫です。

開業資金の融資の相談先 地元の地方銀行や信用金庫

開業資金の融資の相談先としてまずおすすめするのは日本政策金融公庫ですが、銀行や信用金庫などに比べると支店網が脆弱です。
そのため近くに日本政策金融公庫の支店がないということもあるでしょう。
そのような場合におすすめするのが開業場所の近くの地元の地方銀行や信用金庫です。
開業場所の近くにいわゆるメガバンクがあるとしてもメガバンクは開業資金の融資の相談先としてはおすすめしません。
もちろんメガバンクでも開業資金の融資の取扱は行っていますが、メガバンクの主要な顧客層はやはり大企業や中堅企業です。
開業する事業者への支援には積極的ではありません。
メガバンクに対して地方銀行や信用金庫は地元に密着しており、事業者の大小を問わず地元の事業者への支援には積極的です。
そのため開業場所の近くにある地方銀行や信用金庫が開業資金の融資の相談先としておすすめします。

開業資金の融資の相談先 個人口座で主に利用している金融機関

もう1つ開業資金の融資の相談先としておすすめするのが個人口座があるなど個人的に主に利用している金融機関です。
銀行などの金融機関というおは見知らぬ初めて顧客には慎重な対応をする傾向があります。
個人的に利用がある金融機関であれば、金融機関が抱く警戒心を和らげることができます。
個人的な取引で恩義を感じている金融機関であれば開業資金の融資にも親身に対応をしてくれます。

自治体や商工会議所などはおすすめしない

地元の自治体や商工会議所なども開業資金の融資の相談には応じてくれます。
開業にあたっての考え方など親身になって相談をしてくれます。
しかし開業資金の融資という観点で難点であることは自治体や商工会議所は融資は行わないということです。
開業資金の融資を受けるには最終的に融資の審査に通る必要があります。
当たり前のことですが、融資の審査を行うのは実際に開業資金の融資を行う金融機関です。
どれだけ自治体や商工会議所で指導を受けても最終的に金融機関での開業資金の融資の審査に通らなけば意味がありません。
したがって開業資金の融資は実際に融資を行う日本政策金融公庫や銀行、信用金庫などの金融機関に行うことが良策だと考えます。

開業資金の融資は信用保証協会の保証付融資が前提

政府系金融機関である日本政策金融公庫以外の民間が銀行や信用金庫が行う開業資金の融資は信用保証協会の保証付融資にて行われます。
なぜならこれから起業するにあたっての開業資金の融資は判断が非常に難しいところがあります。
「これから」起業するわけですから、重要な融資の判断材料である過去の実績はまったくありません。
開業に成功する場合もあれば、失敗する場合もあります。
割合としては失敗する、あるいは予定通りに事業が進まないほうがむしろ多いのが現実だと思われます。
すると融資する側の銀行としては非常にリスクが高い融資ということになります。
よって、銀行はこのリスクを回避するために信用保証協会の保証付融資を前提に検討することになります。
信用保証協会とは開業資金の融資を受けるにあたり一種の保証人になってくれる公的機関です。
開業資金の融資を行う銀行や信用金庫としては公的機関である信用保証協会の保証付であれば安心して融資を行うことができます。
信用保証協会ではそれぞれの自治体と連携して「開業資金融資制度」を設けています。
相談を受けた銀行はこの開業資金融資制度を念頭に融資の検討を行うことになります。
なおこの開業資金融資制度については各信用保証協会でも相談窓口を設けています。
銀行や信用金庫に直接相談しづらい場合は、この信用保証協会の相談窓口で開業資金の融資の相談をされることも選択肢の1つです。

開業資金の融資をどこから受けるか?のまとめ

以上、開業資金の融資をどこから受けるのかについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・開業資金の融資でもっともおすすめするのは政府系金融機関である日本政策金融公庫
・次が開業場所近くの地方銀行や信用金庫
・その次が個人口座あるなど個人的に利用している金融機関

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行融資の基本
-