銀行融資の基本

代位弁済と競売について

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>代位弁済と競売について

質問
法人で同一行から10,000千円の借り入れがあります。
内、6,000千円は土地を担保にした借入、4,000千円は保証付きの借り入れです。
この借入の返済が滞りそうな場合ですが、6,000千円部分については、競売をかけてでも回収をされると思います。
が、保証付きの4,000千円分については銀行はどういう行動を取ることが多いのでしょうか。
さっさと保証協会に代位弁済を請求するのか、あるいは、競売した分から回収をしようとするのか。
銀行が代位弁済をする時期やタイミングを教えていただければと思います。

回答
土地に設定されている担保権が根抵当権の場合、その根抵当権は土地を担保にした借入だけではなく、保証付きの借入にもその効果が及びます。
土地に設定されている担保権が抵当権(根ではない)の場合には、その抵当権の効力は土地を担保にした借入だけで、保証付きの借入には及びません。

保証付きの借入については、銀行の基本的な態度は早急に保証協会に代位弁済請求をして回収を図るというものです。
ただ保証協会に代位弁済請求を行う前には銀行と保証協会との間で十分な打ち合わせが行われます。
仮に土地に設定されている担保権が根抵当権であり、土地担保の借入を回収してもなお売却額に余りがある場合には、保証付き借入の回収に一部充当した後に、保証協会から代位弁済を受けるというケースもあります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.