店舗の改装では知り合いからの借金の返済に充てるつもりなのですが・・・

ホーム銀行融資の資金使途に関すること>店舗の改装では知り合いからの借金の返済に充てるつもりなのですが・・・

質問
飲食店を経営している個人事業主です。
信用保証協会の小規模事業貸付を申し込みました。
店舗の改装にかかる200万円を用意するためです。
信用保証協会との面接も終わり、内定をいただきました。
信用保証協会の担当者からは改装が着工したらまた店舗に来て確認するとのことでした。
店舗の改装を考えていることは確かですが、実はすぐに行うつもりはありません。
200万円の借入が出来たら知り合いから借りている借金の返済に充てるつもりなのです。
これは後々何か問題がありますか?

回答
問題です。
端的にいうと資金使途違反です。
信用保証協会も実際に融資を行う銀行もあくまでも貴殿を信じて店舗の改装資金として保証や融資の準備をしています。
そして店舗の改装というのは設備資金ですから、融資実行後には工事業者から領収書をもらってその写しを銀行に提出する必要があります。

店舗の改装資金と偽って実際には知り合いからの借金の返済に充てた場合、信用保証協会及び銀行から厳しいペナルティを受けることになります。
最悪は融資の全額返済を求められます。
全額返済を仮に求められなかったとしても、その融資が完済されない限り、次の保証や融資は検討すらされません。
今後の資金調達に大きな支障が出ますから、資金使途違反はやめたほうが得策です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。