プロパー融資と信用保証協会の保証付融資のセットで融資金額を広げる


2014年09月16日

ホーム銀行融資の受け方>プロパー融資と信用保証協会の保証付融資のセットで融資金額を広げる

信用保証協会は中小企業の資金調達においてなくてはならない存在ですが、制限なく保証が得られ銀行から融資が受けられるわけではありません。
一般的には無担保にて8,000万円が保証限度となっていますが、どのような場合でも8,000万円まで保証が受けられるということではありません。
赤字など業績が良くなければ、もっと低い金額しか保証が得られない事例もたくさんあります。
お客さんからの依頼を受けてしばしば信用保証協会に保証可否の事前相談に出向くことがありますが、「A社にはすでに5,000万円の保証を無担保扱いにて行っており、A社の業績から見ればこれ以上の保証は無理です」といった回答を受けることも少なくありません。

このように既に信用保証協会の保証を追加で得られる見込みがない、あるいは少ない場合に、銀行のプロパー融資とのセットで保証枠を広げることが出来る場合があります。
つまり銀行のプロパー融資1,000万円とセットであれば、ある程度の追加保証が得られることがあるということです。
これは銀行がプロパー融資を行うということである程度、信用保証協会側も安心するからでしょう。
「プロパー融資を行うくらいだから銀行にも融資先に対するある程度の自信があるのだろう」といった思いのことです。
このことは逆のケースでも当てはまります。
つまり信用保証協会が追加で1,000万円を保証してくれるなら、銀行もプロパー融資1,000万円を検討しようと言った具合です。
銀行側も信用保証協会が追加の保証をしてくれることで融資先の資金繰りが安定し、プロパー融資が出しやすくなるということです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%