不動産物件のテナントも融資審査の対象

投稿日:

ホーム銀行融資の審査に関すること>不動産物件のテナントも融資審査の対象

先日、ある不動産会社さんから雑居ビルの購入資金融資の相談がありました。
不動産会社の業績はまずまずで今回の融資は前向きな方針で検討を進めていました。
ところが思わぬ落とし穴がありました。
それは雑居ビルに入居しているテナントです。
居酒屋など飲食店が中心の雑居ビルだったのですが、テナントの1つに風俗店がありました。
この風俗店がネックとなって融資をお断りせざるを得なくなりました。
銀行の融資基準の1つに社会性があります。
そしてこの社会性を含めて銀行には融資の憲法とも言える、基本規定があります。
この基本規定に反する融資はどれだけ融資先の業績が好調であってもダメなのです。
風俗店が入居している雑居ビルの購入資金に融資という手段で銀行が手を貸すことは、さきほどの融資の基本規定に反してしまうのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の審査に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.