売上を追いかけない社長は安心出来る

ホーム中小企業社長との面談日誌>売上を追いかけない社長は安心出来る

ある水産関係の会社の社長と先日面談をしました。
用件は新しい決算書をいただくためです。
売上は前期比増加しているものの、利益は売上の増加ほどには増えていませんでした。
私は社長に「売上が増加しておりさすがですね」といった趣旨のことを話しました。
しかし社長からは「売上なんかどうでもいい。利益率が低下しており不満だ」といった答えが返ってきました。
売上を追いかける社長が多い中で、この社長は珍しい存在です。
社長は前期の月別の利益率の表を示しながら、段々と利益率が悪化していることをくやしがっていました。
この会社は商品を海外から輸入しているため、円安によるコスト高が利益率の悪化となって表れていたのです。





さきほどもお話しましたが売上偏重の姿勢が中小企業の社長に多い中で、利益率を重視している社長には銀行として安心感が持てます。
売上は確かに大切です。
しかし売上ばかりを追いかけている社長の多くは資金面の管理や内部管理が弱い特徴があります。
このような場合には「売上が増えて運転資金が必要なので融資をお願いしたい」と相談されても十分に対応できないケースがあります。
これに対して利益率を重視している社長の場合には、往々にして資金繰り管理や内部管理がなされていることが多く、銀行としても普段から「貸したい先」として営業を継続していることから、融資にはスムーズに対応できる可能性が高いと言えます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%