翌月資金ショートを起こしリスケの相談

投稿日:

ホーム返済条件変更(リスケ)>翌月資金ショートを起こしリスケの相談

質問
先月保証協会枠で融資していただきました。
その時点で希望を下回る金額であったため、翌月資金ショートを起こしリスケの相談に伺いました。
しかし、最低半年は支払いをしないとの回答でした。
そして、メインバンクへ相談して見て下さいとも言われました。
この場合はリスケは無理なのでしょうか?

回答
本件について銀行の見方を率直に箇条書きにてお知らせします。
・融資直後の返済不能でありこれは業務事故に該当
・業務事故の場合、担当者や関係者が厳しく罰せられてしまう
・翌月に資金ショートを起こすことを承知の上、あえて借入をしたのではないか
・騙された
など銀行の対応は厳しいものとなります。

もちろん銀行が見抜けなかったという落ち度がありますが、借りた以上はきちんと最後まで返済する義務が債務者にはあります。
融資直後にリスケ対応は基本的に応じません。
銀行は信用保証協会と代位弁済の交渉を行うことになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-返済条件変更(リスケ)

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.